fc2ブログ

長崎県平戸市/お家に帰ろう

しばらくご無沙汰しておりました。
冬も本番。皆さまお変わりございませんか?

DSC_0020202401ゆり

お正月早々、能登半島で大地震が起き、本当に胸が痛みます。
災害に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

DSC_0045202401豊中

そんな中、我が家でも激震が走っておりました。
母が倒れたとの知らせ。すでに意識はなかった。

DSC_0087平戸
      <平戸に帰るには日本最西端の駅「佐世保駅」で降ります>

長崎県平戸市。
大阪だの東京だの、都会人なりすましのひーさんの実家は、
旅行会社のチラシに「滅多に行けない秘境」と書かれるど田舎です。
帰郷の折にはそう言って、皆さんにも笑っていただくのが常でした。

blog_import_5c9631f97eaafひらど拡大
 <平戸大橋 今回は天気が悪くて青い海が見られませんでした 写真は以前のもの>

頑張り屋の母は人工呼吸器で子どもたちが帰るまで命をつないでくれて、
子どもたち全員が母を囲むことができました。
脳出血でしたが、原因は弁膜症と書かれていました。

DSC_0012 - コピーhirado
            <ホテルからの早朝の風景>

何一つ悪いところがなかった母でしたが、数年前、胸の怪我のために心臓を手術したため、
心臓のケアとして血液さらさらの薬を飲んでいたのがあだになったそうです。
脳の血管が切れたときに、一気に出血が広がってしまったとのこと。

DSC_0067ひらど
            <再建されたオランダ商館跡>

困難には仁王立ちになって立ち向かってきた母で、
いつもブログでは笑い話のネタになったものです。
その母の、なんと豪快な旅立ち。

DSC_0043202401豊中


生から死への扉の、なんと脆弱なこと。

DSC_0074ひらど
            <平戸城 日本百名城のひとつです>

でも、ひーさんのいとこたちが勢揃いし、
母の遺影がなければなんのお祝いかと思うほどの大宴会をして、
賑やかなお別れをしてきました。

DSC_0025 - コピーひらど
           <ホテルの庭に毎朝現れた平戸ねこ♪>

今も、幼なじみであり親戚でもあるいとこたちの話をして、
主人と笑って過ごしています。

ca4cda1b1e45a946c814cc3bdb5986bb-DSC_0288ひらど
             <絶品の平戸ちゃんぽん♪>

お正月早々、残念なご報告になってしまいました。

DSC_0089202401ひらど
 <高校時代、授業料を使い込んだひーさんがアルバイトをして作った平戸名物ごぼう餅>

皆さま、風邪など召されませんよう。

DSC_0086202401ひらど
    <本当はこういう美しい風景をご紹介したかったのですが 看板より>

そして今年もどうぞよろしくお願いいたします♪

DSC_0058202401とよなか
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

母の遺影がなければなんのお祝いかと思うほどの大宴会をして・・・
豪快だったお母様、天国でさぞや喜ばれているでしょうね~♡(^^♪

No title

お久しぶりです。
平戸は何度も行ってた場所でしたがここ数年は全く行かなくなりました。
これもコロナ騒動からですね。
一度離れると何か良かったから行ってた事を忘れてしまいました。

今年は年明けから正月三が日は大変な惨事でした。
辰年は荒れる・・と言われるらしいですが続かない事を祈るだけですね。
今年もよろしくお願いします。

No title

元日 早々に激震でしたが
ひーさんのところにも・・でしたか
お悔やみ申し上げます。

お別れの時に皆で囲んで故人のことを語り合い懐かしむ
これが一番の供養だと思います
遠く離れて故郷を想う
母を想い出す 

あの世へ見送った人たちが増えてきて
家族とのちょっとした会話の中に 故人がでてきて
その当時 嫌だったことも想い出となり消化できていくのが
今は良いことに思われます

淋しさはゆっくりと染みていくことでしょうね


今年もよろしくお願いいたします
ご無理をなさいませんように

No title

辰年は力が溢れ、活気づくような年になると願いを込めて干支の飾りものを作ったというのに、
元旦早々大変なことが起こりましたね^^;
少しでも安心して過ごせるようになることを祈るばかりです。
親戚との関係も希薄になりつつありますが、ひーさんのところでは親戚の方たちが多く集まり見送られたのですね。
故人のことをともに話しできる方がいるって有難いことですものね^^
こちらは先週お隣のご主人が亡くなられて、奥様一人になって寂しそうです。
「覚悟はしていてもその時が来れば、話かける人もなく寂しいのでご主人を大切にね」とおっしゃっていました。
誰の身にも何が起こるかもしれませんから、一日一日を無理のないペースで大切に過ごしていきたいですね。
今年もよろしくお願いします^^


こんにちは

ご愁傷様です。
ひーさんが平戸ご出身とは知りませんでした。道理で平戸の焼酎「かぴたん」もご存じなわけですね。
私も女房の実家へいくのに「しゃしほ」(女房が発音するとこう聞こえる)まで船で迎えに来てもらったことがあります。

令和6年:年の初めに

お母様が亡くなられたのですね。心からお悔やみ申し上げます。
豪快な?お母様のことは時折ブログネタになっていらしたので(お会いしたこともないのに)親近感を感じておりました。
仕事を辞めて自由になった後も(母は元気で居てくれる)と勝手に思い込み、PCやボランティアで走り回っている私を、幼馴染の同級生が叱ってくれたので、以後亡くなるまでの4~5年、ほとんど毎日のように病院や施設を訪れました。
これで帳尻を合わせたつもりでしたが… 11月に<喪中欠礼>を出さなくちゃと思うのにどうしても実行できず…
豪快な性格の私にも<母の死>はボディブローのようにじわじわ効いてきて… 死を認めたくなかったのでしょう。

どうぞ在りし日を偲び、何度も思い出してあげてください"(-""-)"

Re: No title

ティコティコさん、こんにちは~♪
母が豪快に笑っているだろうと思う、賑やかなお別れでした。
ご訪問とコメントをありがとうございます\(^_^)/

Re: No title

ひげ爺ちゃんさん、こんばんは~。
母の葬儀ですっかり出遅れました。
ひげ爺ちゃんさんはよく平戸に行かれていましたね^^
私たちも、コロナ禍になり、帰郷をためらっていました。

本当に、今年はお正月から大変な年になりました。
これからは落ち着いた生活を祈りたいですね。
今年もどうぞよろしくお願いいたします\(^_^)/

Re: No title

りぼんさん、こんばんは。
りぼんさんは皆さんを見送っておられましたね。
でも、家族を見送るのは慣れることではなく、
それぞれに気持ちの葛藤や、大変さがありますね。

私たちも、母の意識のあるうちには会えませんでしたが、
兄弟そろって母を囲むことができ、
自分たちの中で少し、納得することができたのかもしれません。

今のところは、寂しく思うよりも
大変だった通夜、葬儀を終えることができた安堵感の方が大きいです。
これから帰る家がない寂しさが、きっと身に染みてくるのでしょうね。

温かいコメントをありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします^^
りぼんさんも、どうぞご自愛くださいませ\(^_^)/

Re: No title

*はなみずき*さん、こんばんは~。
辰年は勢いのある年だといわれますが、
年初から大変な事態になってしまいましたね(>_<)
皆さんへの支援は、自分にできるところでしていこうと思います。

我が家はいとこたちと小さい頃はお泊まりに行ったり来たりするような間柄で、
その頃と変わらないような温かい協力をいとこたちに受けました。
皆で小さい頃の話をしては大笑いし、母より年上の伯母が時々泣き、
にぎやかなお別れになりました。
*はなみずき*さんのお隣さん、お寂しいことでしょう。
本当に、誰の身にも起こることですね。
温かいコメントをありがとうございます^^
今年もどうぞよろしくお願いいたします\(^_^)/

こんにちは

ご無沙汰をしておりました。
新年のお便り始めが悲しい報告をいただきました。
血液サラサラの薬は病院へ行くと何かにつけチェックされますが、こういうことなんですね。。
お母様のご冥福をお祈り申し上げます。

Re: こんにちは

しんとさん、こんばんは~。
帰郷の折には本当はもっと楽しい記事を書いて、しんとさんに驚いていただく予定でした(笑)
大村寿司や「せ」、かぴたんの記事を私も楽しく拝見していたのです^^
佐世保からはフェリーもたくさん出ていますね~。
コメントありがとうございます\(^_^)/

Re: 令和6年:年の初めに

よねちゃんさん、こんばんは~。
お付き合いの長いよねちゃんさんには、母のネタもたくさん読んでいただいたと思います。
まだ82歳でしたので、これからもいろいろと笑い話があったはずですが残念です。
よねちゃんさんのお母様はご長寿でいらしたし、皆さまに大切にされて
お幸せだったことと思います。
コロナ禍で、私はここしばらく帰っていなくて、今年は帰るね~と母に電話したばかりでした。
いつも元気な母でしたので、寂しい思いをさせていたと思います。
寂しさは後からきますよね。
いつも温かいコメントありがとうございます^^
よねちゃんさんもどうぞご自愛くださいませ\(^_^)/

No title

こんばんは。
お母さまのご冥福をこころよりお悔やみ申し上げます。
賑やかなお別れとのことでお母さまも心残りなく穏やかに旅立たれたことと思います。
でも、ふと淋しくなって涙もこぼれると思いますがどうぞお体には気を付けてくださいね!

Re: こんにちは

美風さん、こんばんは~。
こちらこそご無沙汰しております。
新年最初の記事が残念なご報告になってしまいました。
血液さらさらの薬って、本当に怖いですね。
母は血圧も低かったので、一番予想していなかった危険でした。
温かいコメントをありがとうごがいます^^
美風さんもどうぞご自愛くださいませ\(^_^)/

Re: No title

チビmomoさん、こんばんは~。
お悔やみのお言葉をありがとうございます^^
私の兄弟とその家族、いとこたちの家族と大人数での賑やかなお別れでした。
今は通夜、葬儀が終わってほっとしていますが、寂しさはあとからきっとくるのだろうと思います。
チビmomoさんも、どうぞご自愛くださいませ\(^_^)/

こんばんは

新年そうそう色々な事が起こりましたが
これからは良い年になって欲しいですね!
お母さまがお亡くなりになられた悲しみは計り知れないものですね!
心からお悔やみ申し上げます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

Re: こんばんは

junoさん、こんばんは~。
新年早々、大変な災害に心が痛みますね。
一日も早い復興を祈るばかりです。
母はまだ若く、残念でしたが、人生とはこんなものなんだな~と思いました。
お悔やみのお言葉をありがとうございます。
junoさんも、どうぞご自愛くださいませ^^
今年もどうぞよろしくお願いいたします\(^_^)/

No title

コメントしたつもりが送信してなかったようで・・・
ひーさんは長崎ご出身だったのですね。
帰るまでの気持ち…
皆さんに見守らて旅立て賑やかな見送りにお母様も喜んでおられるでしょうね。
ご冥福をお祈り申し上げます。

授業料の件 そんな青春時代もあったのには驚き( *´艸`)

少しは癒しになるかと
https://haijitaga.blog.fc2.com/blog-entry-5624.html

No title

寒中お見舞い申し上げます。
そしてこの度はひーさんの逞しく温かいお母さまのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
私も87歳で楽しく?!一人暮らしをしている母の日々の様子を診ていますので
他人事とは思えませんが、毎日母と言ってるのは、生まれた以上いつかはあの世に逝かせてもらう
から今は好きなことして暮らし、ぽっくり逝きたいね~って。
願わくば母の故郷(今大震災で大変になっていますが)で終末を過ごさせてあげたいですが。
ひーさんの故郷は私の憧れの場所だったのですね。一度訪れてみたいと思っています。
そんな素敵なところでお住まいになられ、ご家族に見守られて眠られたお母さま、お幸せのように思います。
話は変わりますが、まさかお城があったとは! あの有名な橋とお城🏰、やはりウオーキングかねて行きたいです( ;∀;)
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

寒中お見舞い申し上げます。

ひーさん、ご愁傷様です。
亡くなられたお母様に心よりお悔やみ申し上げます。
ひーさんは関西のご出身と思っておりました。
野菜がいっぱいのちゃんぽん大好きなんですよ。
実家に近いところにありましたので長崎ちゃんぽんをよく食べん行きました。
平戸とはまた違いますかしら^^;
わたしも足の手術をしたときに少し血栓が見つかって5年程血液をサラサラにする薬を飲んでました。
一昨年くらいからでしたか、かかりつけの先生から血栓はもうないので薬はやめましょうとおっしゃって
この薬は、脳溢血くも膜下出血などにはマイナスに作用することも聞かされてました。
残念なお気持ちもあると思いますけど皆さんでお母様を囲んでお見送りできたことでお母様は
ご満足だったと思います。
どうぞお疲れの出ません様に、ひーさんもお身体に気を付けてお過ごしくださいね。

今年も宜しくお願いいたします。


Re: No title

nadeshikoさん、こんばんは~。
そうなんです。私は九州産です^^
コロナ禍ですっかり実家から足が遠のいていて、母に寂しい思いをさせていたと思います。
兄弟が全員、母の枕元に集えたことが、せめてもの慰めでした。
お悔やみのお言葉をありがとうございます。

高校時代、修学旅行の買い物に出かけていたら、いつの間にか
授業料まで使い込んでしまいました(笑)

ルリビタキの記事、ありがとうございます~~^^
寒くなりましたので、nadeshikoさんもどうぞご自愛くださいませ\(^_^)/

Re: No title

ikoiさん、こんばんは~。
こちらこそ、ikoiさんの故郷の大災害に、
心よりお見舞い申し上げます。
お母様も心を痛めておられることでしょう。
すごく悲しいことですよね。
復興するまで、お元気でいらしていただきたいですね。
私の故郷は西の果て?です^^
母があまりに元気だったものですから、私たちも心配せずに
一人暮らしをさせてしまいました。
一緒に暮らしていても防ぐことのできることではなかったと思いますが、
寂しい思いはしていたのかもしれません。
平戸城は再建されたお城なので、昔のままではないんですよ~。
平戸大橋は歩くととても気持ちがいいです(*^_^*)
ikoiさん、お悔やみのお言葉をありがとうございます。
そして、お母様を大切にお過ごしくださいませ(*^_^*)
今年もどうぞよろしくお願いいたします\(^_^)/

Re: 寒中お見舞い申し上げます。

ミスミソウさん、こんばんは~。
お悔やみのお言葉をありがとうございます。
血液さらさらの薬のリスクは知っていたのですが、母はやせていて血圧も低く、
あまり危機意識が本人も私たちもなかったのがいけなかったと思います。
ミスミソウさんの先生は良い先生だと思いますよ^^
血栓がないならやはりやめるのがいいですよね。
コロナ禍になって田舎には帰りにくくなり、しばらく帰っていませんでしたので
今年は帰るね~と電話で話したばかりでした。

私たちは夫婦とも大阪弁がしゃべれないんですよ^^
ちゃんぽんは近江ちゃんぽんもありますが、長崎ちゃんぽんとは
少し違っていますね~。
お店のメニューに「平戸ちゃんぽん」と書いていたので書きましたが、
長崎と平戸では場所の違いよりもお店の違いの方が味の差があります。
いつもお気遣いありがとうございます。
ミスミソウさんもどうぞご自愛くださいませ(*^_^*)
今年もどうぞよろしくお願いいたします\(^_^)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

1月21日21:58さん、こんばんは~。
温かいコメントをありがとうございます。
またそちらに伺わせていただきますね(*^_^*)

No title

こんにちわ。ふるさとは平戸でしたか。
平戸大橋で有名ですね...二度ほど周辺を通っています。
長崎とか佐世保とか回った記憶が、徐々に消え去ってしまいそう。
私の母も脳出血でしたが、入院していた病院で手を余して放置されました。
私が駆けつけ病院と喧嘩!なぜ専門の病院へ移さないのか、と。
病院は「じゃぁ連れて行ったらどうですか?」
また怒鳴って「救急車呼べ!」と。
呼んだのは良いのですが、受け入れた先は私が一番嫌いな病院でした。
総合病院でアレコレ検査して脳出血詳細判明でした。
ところがその担当医が派遣医で週に1回しか診察できないと。
経過の説明もなく、リハビリもしてくれず、また病院へ申し出て転院です。
次は私が信頼していた病院でしたが、遅かったようです。
「すぐ治療とリハビリしたら、こうならなかったでしょう」と言われたのです。
まぁ長くなるので省略しますが、その後半身不随、そして脳出血による認知症へ。
特養に入り10年後に他界したのです。
救急車の場合は自分の好みで行き先が選べないことが多いので困りますね。

ひーさんも親戚の方々と会えて、一緒に見送ることができたのですね。
また戻って忙しい日々でしょうが、体調管理はしっかりやりましょう!!

ひーさん こんばんは~♪


年明け早々ひーさんのところもたいへんでしたね
気丈にされていてもお辛いこととお察しいたします
今年は本当にいろいろと残念な年明けとなりました
同郷の八代亜紀さんも亡くなったし 残念なこと続きです
ひーさんの郷里は平戸でしたか 私は熊本県八代市で同じ九州ですね
今年もどうぞよろしくお願いいたします

Re: No title

野付ウシさん、こんばんは~。
なんと!野付ウシさんが西の果ての我が家の方を
まわっておられたとは驚きです^^
私はこんな西の端のところに育ったので、雪の積もる
北海道や東北の風景は憧れなのです。
野付ウシさんのお母様はそんなことがあったのですね。
とんでもない対応で信じられないです。
どれほど腹立たしかったかお察しします。
私の母は、見つかったときはすでに自発呼吸もしていない状態だったのですが、
ドクターヘリで運ばれ、手は尽くしてもらったと思うので、
残念な結果にはなりましたが、お世話になった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
親戚のみんなもよく手伝ってくれ、お別れができました。

仕事も長く休んだので今はまた追われています(笑)
若くはないので、体調管理も気をつけないといけませんね^^
野付ウシさんもどうぞご自愛くださいませ\(^_^)/

Re: ひーさん こんばんは~♪

nanapapaさん、こんばんは~。
お気遣いありがとうございます。
今年は年明け早々、本当に大変な幕開けになりましたね。
そうそう、八代亜紀さんのことは驚きました。
膠原病で休養されていたことは知っていましたが、早すぎましたね。
地元に帰ったら、私のいとこも同じ病で亡くなったことを聞きました。
nanapapaさんの里帰りの記事は、いつも楽しく拝見しています^^
国立といい、親しみを感じています(*^_^*)
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。\(^_^)/

こんばんは

こんばんは。

お母さまお悔やみ申し上げます。
血液をサラサラにするお薬を使っていたのですね。
そのお薬がよくなかったとは思いもよらなかったですね。
お疲れがでませんように。

Re: こんばんは

graphiclashさん、こんばんは~。
血液さらさらの薬は、危険性を私も知ってはいましたが、
元気な母にこんなことが起こると思っていませんでした。
薬は怖い一面を持っているものだと今になってしみじみ思います。
お悔やみのお言葉をありがとうございます。
寒くなりましたので、graphiclashさんもどうぞご自愛くださいませ(*^_^*)

お悔やみ申し上げます。

こんにちは~♪
お母さまのご冥福をお祈り申し上げます。
ブログで拝見してて豪快な楽しいお母さまだと思ってました。
時が経って寂しさが募ってくる頃でしょうか。
私も一緒に住んでなかったので母が亡くなっても日常は変わりませんでしたが、
何かの拍子に想い出していました。
母が11月、父が12月、覚えてはいるのですがなかなかお墓参りにも行くことが出来ず、
でも今年初めに久々手を合わせてきました。

平戸市、素敵なところですね♪
高校の修学旅行で長崎のグラバー邸、平和記念像とかは行った記憶がありますが。。
滅多に行けない秘境ですか、行ってみたいですね~。
平戸ちゃんぽんも食べてみたいです。府中の社宅に住んでる時にお隣さんが大分出身だったので
ちゃんぽんご馳走になったことがあるのですが、同じかなぁ・・。

ここのところ、厳しい寒さです。こちら昨日は大雪でした。
どうぞご無理なさいませんように(^_-)-☆

Re: お悔やみ申し上げます。

shizuさん、こんばんは~。
お悔やみのお言葉をありがとうございます。
母は今まで、いろんな笑い話のネタになっていました^^
体もどこも悪いところがなく、血圧も低かったのに、
こんなことがあるんだな~と思いながら田舎に帰りました。
shizuさんも同居されてなかったんですね。
突然のことだと余計に実感がなく、
実家に帰ったら元気で母がいるような気がします。

修学旅行で長崎市に行かれましたか^^
平戸は長崎市とはかなり離れていて、グラバー邸などは
ずいぶん昔に行きましたがすっかり忘れてしまいました^^;
意外によその方の方が詳しかったりします(笑)
我が家はこちらにいてもよくちゃんぽんを食べるのですが、
息子が平戸ちゃんぽんはすごくおいしいと言っていました(*^_^*)
大分の方もちゃんぽんを召し上がるのですね~。

今週は大阪も寒かったです。
昨日は兵庫県北部に仕事で行ったのですが、やはり雪でした^^;
shizuさんもどうぞご自愛くださいませ\(^_^)/

No title

おはようございます。

新年早々いろんなことが起こって驚いておりましたら、ひーさん様のお宅もでしたか。
心からお悔やみ申し上げます。
全力で生きてこられた方というのが伝わってきます。
ブログ話が多いのは、魅力的な生き方をされてきたからだと思います。

ところで、平戸名物ごぼう餅。
結構やんちゃで豪快だったのですね。



Re: No title

うしかい座さん、こんばんは~。
お気遣いありがとうございます。
能登の大災害に心を痛めていた矢先でした。
我が家も激震で、半月ほど右往左往していました。
母の話は何を書いていても笑い話になってしまいました^^

高校のとき、修学旅行の買い物に行っていたら、
授業料まで使い込んでしまっていました(笑)
母に言えず、自力で捻出しました^^;

今年もどうぞよろしくお願いいたします\(^_^)/

No title

こんにちは。

笑顔
そうやって送り出すのが
一番の弔いだと感じてます。

1月ぶりのブログ更新となり
この冬の暖冬を楽しむ1月の津軽衆でした。

Re: No title

朝弁さん、こんばんは~。
母の遺影がなかったら、大変なお祝いの席のようでした^^;
母らしい、賑やかなお別れで、私たち家族も
親族の温かさに感謝でいっぱいでした。

今年は暖冬で、朝弁さんには良かったですね(*^_^*)
コメントとご訪問、ありがとうございます~\(^_^)/

ご冥福をお祈りします。

お母様の豪快なお話、これまでも何度か読ませていただいてましたね。
いついかなる時も、立ち向かっていらっしゃった強い強いお母様。
悲しいけれど、皆が揃ってから旅立たれたのも、頑張り屋さんのお母様らしいです。
皆さんに愛されたお母様、素敵です。
ひーさん、寂しさ、お疲れも出る頃かと思いますが、ご自愛ください。


Re: ご冥福をお祈りします。

こまち。さん、こんばんは~。
お悔やみのお言葉をありがとうございます。
あんなに元気で、同級生のおばさんたちよりもうんと若く見える母でした。
なんだかあっけなくて、人生ってこんなものなんだな~と呆然としました。
でも、心折れるときに、地元の親戚や同級生たちが助けてくれたのが、
今は心温まる思い出にもなりました^^
ブログにお立ち寄りくださり、ありがとうございました(*^_^*)
こまち。さんもどうぞご自愛くださいね~\(^_^)/