FC2ブログ

母の日に語る、鉄人母のこと

九州の田舎の、そのまたど田舎に住む私の母。
彼女は、「鉄人」と呼ばれている。「哲人」ではない。
まだ正社員で働いている。
会社で一番難しい仕事を担ってきたため、母にだけは定年がない。
社長に「命が尽きるまで働いてほしい」と言われるそうだ。
夜はホテルで働く。
もちろん、おばあさんだから夜の蝶のようなお仕事ではない。
お運びさんだけれど、ホテル中を仕切り倒し、
オーナーからホテルを任せたいとも言われたとか。
休みの日は山の畑や、海の潮干狩りに精を出す。
 
そんなに働くにはわけがある。
亡くなった父は若いときから病人だった。
彼に父権はあったが、経済的柱になることはなかった。
私たちは自分たちが生きていくだけでなく、父にかかる費用を背負った。
そんな運命に、たびたび私は後ずさりした。
だが母はたじろぎもせず、自分の人生に仁王立ちになって立ち向かった。
まるでキャタピラーのついた重機のようにたくましく働き、
繊細なものは熨して行った。
母よあなたは強かった。
激しく、気が強かった。
 
私は、10人の人に会うと、8人からは「おっとりしている」と言われる。
残りのふたりは愚図でのろまだと思っているので口にしない。
小さいときから「ずんだれが~!」と、母にゲキを飛ばされて育った。
「ずんだれ」とは、私の田舎の方言で、
愚図とかだらしないとか、ものごとをきちんとなし得ないとかの意味を持つ。
人を罵倒するには便利な言葉だ。
 
このような母の子どもにありがちだが、
私を筆頭に4人の子どもたちは、うすらぼんやりした子どもに育った。
なにしろやろうとすると母の手が飛び、
行こうとすると母の足が伸び、
言おうとすると母の口がしゃしゃり出た。
母よあなたは強かった。
すごく、体も強かった。
 
数年前、弟がバイクで大事故を起こした時、
田舎から母が出てきた。
入院道具を買いに行ってエスカレーターに乗ると、
田舎者の母はこの動く階段に足下が覚束ない。
いきなり横の階段を駆け上がり、
エスカレーターの私たちと同時に着き、息もきらさず照れて笑った。
 
母が家事をやるところを見た息子が言った。
「動きが早すぎて、千手観音みたいに手がいっぱいあるように見える」。
「おばあちゃんより長生きできる自信がないわ」と私が言うと、
「おばあちゃんは忙しすぎて、寿命を忘れる」とも。
 
多くの人が、優しくたおやかな母を書く。
けれど、私だけはどうしても、母をコメディタッチでしか描けない。
 
私の母、御年71歳、今日も行く。
キャタピラーをつけて、
バリバリバリバリ、今日も行く。

 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

60を過ぎてしまいましたが 私は 貴女 が尊敬する
お母さんみたいになりたかったですが たくましく
たおやかに をモットーに 今からも 頑張ります

No title

ながみちさん、コメントありがとうございます!
ながみちさんのブログを拝見すると、十分にたおやかで美しく、
そのような方だろうと想像しております(*^_^*)
私の母も、もう少し穏やかだとうれしいのですが…♪

No title

ひーさん♡ おはよっ♪ ( ´ ▽ ` )ノ

蒼天の母も素敵だよぉ♪
忙しくて片付けなんか
一切しないんだよぉ~♪
ぷふふっ(^_-)-☆

蒼天みたいな男を
育児放棄しないでくれて
感謝だよぉ~♡

姉御の記事があまりにも
心に響くから
仕事どころではないじょ♪

素敵な1日であります様にhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s316.gif">

No title

どこの会社でもこれほどの厚い信頼を得て「命の尽きるまで働いてほしい」と言われる人はめったにいるものではありません。類まれな人徳者です。「人間国宝」に推薦したいくらいですね。
観音様と仁王像と機動戦士ガンダムが合体したような「鉄人」お母様が、人類のために、いつまでも元気でバリバリと長生きされることを心から願っています。
でもきっと血は争えませんよ。ほら、もうキャタピラーが……!

No title

蒼天さん、いつもありがとうございます(^^)

蒼天さんのお母様も、
お忙しくてお片付けするヒマないのでしょう♪
なにしろ蒼天さんのようなやんちゃ息子、
お育てになるにはかなりのパワーが…^m^

いつも記事のことほめてくれてありがとう♪
でも、お仕事もがんばってね(^_-)~♪

素敵なお母様に、お顔見せてくださいね♡

No title

なんと、 TABIBITOさん!
キャタピラー、まだまだですよ(*^。^*)
うちの忙しい母をお褒めいただき、恐縮です。
暇さえあれば働いていて落着きがなく、遊ぶことを知らないのが欠点です^^;
先日も走っていてひざを打ち付け、弟に「年甲斐もない」と
叱られていました…。

No title

「ずんだれ」ですか~、私の“ド”田舎では何て言うのかな?(考)
前知事の「どげんかせんといかん」は全国区になりましたが~(笑)

No title

よこぼり365さん、ありがとうございます!
「ずんだれ」、すごく便利な言葉なんです♪
亡くなった父も、若い子の流行の服を見ると「ずんだれが!」と
言っておりました(恥)(*^_^*)

No title

姉御~♡ ( ´ ▽ ` )ノちゃお~♪

パスワードの変更に伴い
logできんのよぉ~♪

ちょいちょい
愛想無しになりますが
忘れないでね~(>_<)

今日も ふぁいてぃ~んhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s310.gif">

No title

ひーさんさんのひたむきな生き方は このお母さんの背中がお手本なのですね。
涙をおさえてコメディタッチで書かれたこの文(エッセイ)、母の日に母をたたえる感動が伝わってきました。
さりげなく載せられたカーネーションの写真も印象的です。
15年ほど前に亡くなった母を思い出させてくれました、ありがとう。

No title

おぉ、蒼天さん、迷子になっちゃいましたか(*^。^*)
だいじょうぶ。
蒼天さんのブログでは皆で遊んでることでしょう♪
ゆっくり帰ってきてくださいね^m^

忘れないのでご心配なく(^_-)~☆

明日は帰って来れますように♪

No title

日本平333さん、いつもお優しいコメント、ありがとうございます。
お母様が亡くなられて15年になるのですね。
母とは、私たちの命の門で、大人になっても存在感は大きいのだな~と思います。
私もいい生き方をしないと、子どもに見られていますね^^;

No title

こんにちは~^^
記事を読ませていただいて、今感動で胸が熱くなっています。。
自分の人生に仁王立ちになる・・なんて素敵なお母様でしょう・・。
人生100パーセントの力を出して、毎日を一生懸命生きておられる!!
その素晴らしさに敬意を表します(^^ゞ

1年半前に亡くなった母のこと思い出しました。
母も苦労に苦労を重ねた人生でした。
でも苦労の分だけ楽しみもたくさんあったはず・・。
折に着け母のことを想っています。。

お元気なお母様のお話うかがって、私も元気をいただいたようです。
ありがとうございます(^^♪
傑作ボチ☆

No title

shizuさん、コメントありがとうございます♪
風邪の方は、もう全快でしょうか!?

お母様は1年半前までご存命でいらしたのですね。
私は父が亡くなった時も、長い間立ち直ることができませんでした。
この元気な母が…と思うと辛いですね。
「折に着け母のことを想っています」というshizuさんの言葉、
実感を持って受け止めます。

おっしゃる通り、母は辛いことも多かったのですが、
楽しみも多かったと思います。
働くことは、楽しいようですから^^;
ゆっくりさせてあげたいけれど、
走り回っているほうが精に合うのでしょう。

ポチ、ありがとうございます♪

No title

私はひーさんのおかあさんと同年代です。
おかあさんの歩いて来た人生を尊敬いたします。
あまりにも私の母と境遇がにているからです。
母は苦労して4人の子供を育ててくれました。。
その母も昨年99歳で亡くなりました。
私も母のように前向きに生きていきたいと思います。

No title

keikeiさん、ご訪問とコメント、ありがとうございます。
keikeiさんのお母様も、ご苦労なさったのですね。
でも、お子様方が成人され、99歳まで親孝行なさったのでしょう。
子育ては、苦労でもあり、喜びでもありますものね。
そのようなお母様を持たれた keikeiさん、間違いなく前向きに生きていらっしゃることと思います(*^_^*)
私も見習って、あとからついていきます♪