FC2ブログ

お金持ちになりたくて

「お金持ちになりたくて日本に来ました」。
年は五十代半ばのその人は、そう言った。
彼が来たのは、日本がバブルの絶頂期だったころ。
彼の国では、給料が高卒で3万円、大卒で5万円くらいだったという。
日本に行けば、30万から40万円。
まさに、黄金の国、ジパング。
 
お金持ちを夢見て、彼は日本へやってきた。
「命がけで働きました」。
彼はそう言った。
外国人の彼が就ける仕事は、「きつい、汚い、危険」の3K。
休みは取れない。休むとクビになるから。
 
彼の国では、家の仕事を少しやり、職場に行って働く。
職場で働いていても、時々ぬけて家に帰り、また家の仕事をする。
木曜日には、午後から帰って教会へ行っていた。
そう言って、彼は笑った。
そんな国で育った彼に、
日本での職場環境は、ずいぶんと厳しかったことだろう。
 
彼は、今では日本語も堪能で、人に尊敬される地位にある。
3Kではない仕事で、日本人のために働いている。
お金持ちになったかどうかは聞かなかったが、
お金では買えないものを得たことは、聞かなくても解った。
東日本の震災では、現地の外国人のために
ボランティアにも行かれたそうだ。
 
バブルの絶頂期だったあの頃。
保険会社に勤める知人は豪語していた。
「銀行と保険会社は潰れない」と。
あの頃は、それが常識だった。
 
時は流れた。
常識は、時代によって変わるものだ。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント