FC2ブログ

漱石山房記念館~穴八幡宮/早稲田界隈散策♪

三寒四温。
暖かくなったり、寒くなったりの繰り返しですね。



     <夫の実家の国立駅前ドトールでガイドブックで東京勉強中♪>



先日、東京へ行った折、早稲田界隈を散策しました。



       <国立駅前ドトールからは4月には桜並木が見えます>


広島の夫より一日早く、大阪から東京入りしたひーさんは、
この日、マラソンコースの下見に行くつもりでした。
走るのは夫でしたが(笑)



      <東西線早稲田駅から漱石山房記念館までネコがご案内>



ところがガイドブックを買い込んで情報を調べてるうちに
夏目漱石の記念館ができていることを知り、
急きょ、予定変更♪





2017年の秋、開館したばかりの
新宿区立漱石山房記念館。
かつて漱石が住んでいた漱石山房があったところに
新宿区が開いた漱石記念館です。






中は撮影禁止でご紹介できないのが残念です。
ひーさんが子どものころから読み続けている作家。
それが漱石です。







なじみの作品の初版本や、直筆原稿など、
たくさんの展示品がありました。



                 <猫塚>


上の動物の供養塔(猫塚)は、「吾輩は猫である」のモデル、
福猫のお墓だったところへ、文鳥や飼っていた犬も埋葬したもの。
昭和20年の空襲で漱石山房は焼失し、供養塔も倒れたのですが、
見つかった石から復元したものだそうです。




                <道草庵>
 

漱石の作品を初めて読んだのは「吾輩は猫である」でした。
中学一年の冬、インフルエンザで学校を休んだ間に読んでしまいました(笑)







文人としては多くの弟子たちに慕われた漱石ですが、
家庭人としては時折癇の虫が暴れ、奥様も、お子様方も
大変だったようです。


漱石山房記念館でゆっくりしたかったのですが、
陽も傾きかけたので早稲田駅の方へ戻り、穴八幡宮へ。





立派な鳥居が道路のこちら側からでも目につきました。






冬至の日から節分まで授けられる一陽来復のお守りで有名な神社だそうです。






一陽来復とは冬が来て春がめぐってくることを指すもので、
転じて悪いことが去って良いことがやってくる意味もあるようです。





冬至の日の参拝者はものすごいそうですよ♪





子どもの夜泣きなど虫封じでも有名。
体育の日には、8代将軍徳川吉宗ゆかりの流鏑馬も行われるところだそうです。





いよいよ夕暮れの陽に照らされて蝋梅が輝いていました♪
今回の帰省のお話はこれでおしまいです。

気温の寒暖の差が激しいですね。
皆さま、どうぞ体調に気をつけてお過ごしくださいませ♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

御調子者さん、こんばんは~♪
いえいえ、漱石は学校で習った程度の
知識で充分ではないでしょうか^^
漱石のお札を知らない世代が増えて寂しいです(笑)

奥様がガイドブックでチェックですか(*^^*)
でも、沖縄のご旅行でもずいぶん行かれて
おられるようですからお二人で旅慣れていらっしゃるのですね!

いつもありがとうございます~♪

No title

かんじんさん、こんばんは~♪
漱石の記念館、できたてのほやほやです(笑)
かんじんさんが旅のチェックですか^^
最近の子はネットでチェックばかりですが、私は
ガイドブック見るのが楽しくて~(笑)
いつもありがとうございます~♪

No title

ジージVさん、こんばんは~♪
漫画は日本が世界に誇る文化ですよ(*^^)v
ジャンプ、いいじゃないですか~(*^。^*)
いつもありがとうございます~♪

No title

Reveur & Sniperさん、こんばんは~♪
東京はいろんなところに見どころが
たくさんあって、もっと長居したいですね~(*^。^*)

また寒くなりましたね!
いつもありがとうございます~♪

No title

Kah-ka-F-Gardenさん、こんばんは~♪
さすがのひなさんでも漱石記念館は
ご存知なかったですか!
まだできたてのほやほやですからね^^(笑)

穴八幡宮は早稲田の駅から近かったので
帰る前に寄ってみようと思ったのですが、
とても立派な八幡宮ですね!
お守りのために大変な参拝客が行かれるそうです^^

私も一陽来復っていう言葉、いいな~と思います(*^^*)
暖かくなるのが待ち遠しいですね!
いつもありがとうございます~♪

No title

ロザコさん、こんばんは~♪
ドトールはどこへ行ってもあるお店なので
勝手知ったる我が家?みたいな感じで
よく入ります^^
ロザコさんもドトールのファンでしたか♪

猫塚は「吾輩は猫である」のモデルになった猫の
お墓でした^^
「道草」は漱石が完成させた最後の作品です(*^^*)
漱石ファンは多いらしく、平日なのに
たくさんの方がおられましたよ~。

穴八幡宮は、実は私も初めて知りました。
東京ではとても有名なところのようです^^
一陽来復、春が待たれる今、
なんだか心にしっくりきますね♪

週末まであと少し。
がんばりましょう~(*^。^*)
いつもありがとうございます~♪

No title

min*71*7*0_1014さん、こんばんは~♪
本を読まれる方も、読まれない方も、
漱石を知らない方はおられませんね!

東京は行ってないところばかりで、
あらためてガイドブックを買ってみました♪
ふふふ♪
min*さんは歩きは大得意の方ですものね^^
いつもありがとうございます~♪

No title

korutikam9さん、こんばんは~♪
私もたまたまガイドブックを買って、
漱石記念館ができたのを知りました^^
地元だとガイドブックを買ったりしないから
かえってご存知ないこともありますよね(*^^*)

最初は猫のお墓だったところに、文鳥やワンコも
埋葬して動物供養塔にされたそうですよ(*^^*)
いつもありがとうございます~♪

No title

のんびりhirotanさん、こんばんは~♪
ひろたんさんも学生時代に読まれましたか^^
うれしいな~(*^。^*)
本はどんな世代でもそれぞれの読み方があるとは
思いますが、やはり漱石や芥川は若い時に読んでこそ、
と思っています♪
写真には撮れませんでしたが中にはカフェもあるんですよ。
いつもありがとうございます~♪

No title

たまっちさん、こんばんは~♪
そうなんですよね!
明治村には行かねばならない!?と思っています^^
ナイスぽちをありがとうございます~(*^。^*)

No title

midoben368さん、こんばんは~♪
国立駅前の桜並木のすごさは
テレビで放映されるほどなんですよ^^
あいにく四月の初めは仕事がもっとも
忙しい時で上京することは息子の
入学式のとき以外ないのですが…^^;
でも、ほんとに美しいですよ♪


midoben368さんも漫画派でしたか~(*^。^*)
漫画は日本が世界に誇る文化ですから。
私もいとこが漫画好きで、中学の時に
ベルサイユのばらを読んだときは質の高さに
驚きましたよ♪

わはは♪
主人に見せられないほどのごちそう^^
いつも会社の昼休みに皆さんのコメントを
拝見しているのですが、思わず
ふき出してしまいましたよ(笑)
この日もランチしたのですが、東京らしいお店が
近くになくて、いつも大阪で行ってる同じお店に
入ってしまったので、芸がなくてUPしませんでした(笑)

大阪も今日は雨です~。
いつもありがとうございます~♪

No title

りぼんさん、こんばんは~♪
「こころ」は悲しいお話でしたね^^
「草枕」や「吾輩は猫である」など、子どもながらに
心に強く残る作品でした(*^^*)
いろんな理由をつけて散策もいいですね(笑)
いつもありがとうございます~♪

No title

ikoiclubさん、こんばんは~♪
ローランサンの美術館が東京にできたようですね!
私もローランサンは大好きですよ^^
今は長崎の方で展覧会が近いようですね。
漱石の記念館は中にカフェもあって、もう少し
ゆっくり行きたい場所でした(*^^*)
ぜひ行かれたらレポお願いします~(*^。^*)
いつもありがとうございます~♪

No title

こもれびさん、こんばんは~♪
早稲田大学出の早稲田さんですか^^
学歴もお名前もすばらしいですね~(*^。^*)

ご訪問とコメント、ありがとうございます~♪

No title

さくらんぼさん、こんばんは~♪
さくらんぼさんもドトールに行かれましたか!
私は東京へ行ったら、この窓際で外を眺められる
ドトールに行くのが好きなんです(#^^#)

漱石の住んだ家が明治村にあるそうですね!
漱石が住んだ家の中に文豪が住んだ家が
あるのは誰かのエッセーで知っていましたが、
たぶんそれが明治村の家でしょうね!
そのあと、漱石にあこがれた作家もそこに住んだと
書いてあったような気がするのですが♪
行ってみたいですね~(*^。^*)
いつもありがとうございます~♪

No title

ケンケン ▽・ェ・▽さん、こんばんは~♪
漱石にお詳しいですね~(*^。^*)
そういえばネコは溺れてなくなっちゃいましたね^^;
「吾輩は猫である」では、飼い主のご夫妻が
白髪やハゲのことで夫婦げんかするので大笑いして
読んだ記憶があります^^

三四郎などは青春の本でしたね~♪
いつもありがとうございます~(*^。^*)

No title

漱石記念館ができたのですね!

あの気むずかしい顔をなさった漱石さんがどんな顔をして猫を可愛がられたのか想像できません。

皇后様が仰った『本は、時に子供に安定の根を与え、時にどこにでも飛んでいける翼を与えてくれるもののよう』の言葉のとおりだと大人になって思います。

No title

よねちゃんさん、こんばんは~♪
漱石は時折精神を患い、家庭に迷惑をかけましたが、
弟子たちにも子どもたちにも優しくおちゃめな人
だったようです^^

皇后さまは文学に造詣の深い方ですね(*^^*)
最近は活字離れで本を読まなくなっているのが残念です^^;
いつもありがとうございます♪

No title

七転八起 最近5cmの段差が厳しいですな

俺もそろそろ
毎年送られてくるサンタへの手紙…
毎年デスクに置かれてるバレンタインチョコ…
こゆの保管する記念館が欲しくなってきたわよ( *`ω´)

No title

蒼天、こんばんは~♪
蒼天家はまだ当分はサンタへのお手紙
くるでしょう~^^
ほんとはうれしいんでしょ?(笑)

でも、バレンタインチョコはどうかな?
2~3個じゃないかな?(笑)

まだまだ10センチの段差だってひとっ飛びよ♪( *`ω´)