FC2ブログ

法隆寺の秘密♪/隠された十字架と法皇教会瓦

先週は厳しい寒さでしたが、今週は少し寒さがゆるむようです。
インフルエンザが流行り出したので心配ですね。



                 <南大門>



お正月明けの三連休、6日の土曜日ですが、
奈良県の法隆寺へ行ってきました。



       <一番絵になる西院伽藍と五重塔が工事中でした>


奈良といっても、ひーさんの住む大阪は八尾市から、車で30分ほどです♪
残念なことに、西院伽藍は修復工事中…。




           <2015年撮影の西院伽藍と五重塔>



上の写真は2年前に行ったときのものです。
西院伽藍は世界最古の木造建築群です。







法隆寺は世界文化遺産。
この文字は平山郁夫氏の文字だそうです。







こちらは金堂ごしにわずかに五重塔が見えますね。





五重塔から右手へ行くと、有名な正岡子規の
「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」。
字は子規の字だそうです。






この池のほとりにある手水舎は、面白い形をしていますね~。





その前にあるのが聖霊院。
聖徳太子をご本尊としています。
夫はここで御朱印をいただき、大満足♪






ここの御朱印はとても立派ですね~。
右側の文字は「和をもって貴しとなす」から始まる聖徳太子の言葉のようです。



        <夢殿へ向かうところは土塀がいいですね~>



ところで法隆寺について、哲学者の梅原猛氏が、
「法隆寺には十字架が隠されている」という説を発表しています。
西院伽藍の中門と柱が十字を作っている」というものです。



                 <夢殿門>



法隆寺は聖徳太子ゆかりのお寺。
聖徳太子の子孫は時の権力者に殺害されており、
聖徳太子の怨霊を十字によって封じ込めたという説です。




         <夢殿の手水舎は鳳凰です。珍しいでしょ♪>


これは、梅原氏の説のもとになったものがいろいろと間違いがあって、
何より怨霊思想はこの当時のものではないことから、正しくなかったようです。



            <法皇教会と書いてある瓦>



でも、この瓦を見ると、別の十字架が関係あり!?
怨霊ではなくキリスト教?
なんて想像しちゃうのですが、法皇とは聖徳太子、
つまり聖徳太子のお寺という意味ではないかということです。





法隆寺は瓦も面白いんですよ♪



              <国宝 三経院 >


法隆寺では、三経院の前にお茶をいただけるところがあります。





とても古そうな売店兼、休憩所。






世界遺産を観ながらゆっくりとお茶をいただける、
日本一?ぜいたくな場所だと思っています♪

冬の一番寒い時期。
春が来るのが待ち遠しいですね!
今週もがんばっていきましょう~♪

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

くるみさん、こんばんは~♪
寒いですし、今はご主人様にも大事な時ですから、
インフルエンザは怖いですね~。

私もこれから仕事が忙しくなりますので、
毎日マスクをして出勤しています^^
いつもありがとうございます~♪

No title

ケンケン ▽・ェ・▽さん、こんばんは~♪
奈良は日本の歴史始まって以来の歴史があり、
とても面白いですね~(*^。^*)
ケンケン ▽・ェ・▽さんは歴史がお好きでしたか^^
ぜひおいでになってくださいね~♪

No title

まさかの蒼天、こんばんは~♪(笑)
日本最古の木造建築物、すごいよね~(*^。^*)
本当に、昔の技術ってすごいな~と思います♪

油まかれたニュース、あったね~。
世界遺産にそんな行為するなんて
罰当たりだよ( *`ω´)キリッ

聖徳太子もアルバムに入りたかったのかな(笑)
蒼天が死ぬ前に私が死んでるから心配いらないよ^^;
いつもありがとう~(^_^)/

No title

さくらんぼさん、こんばんは~♪
ここから法隆寺はとっても近くて、
ちょっとのんびりしたいときなど、
出かけるのに最適です^^
ゴ~ンとなる鐘の音を聞きながら、土塀の道を
歩いて回ったり、お茶をいただいていると
心洗われますね(*^^*)
平山郁夫の字、ご存知でしたか♪
ナイスをありがとうございます~(*^。^*)

No title

平城京の奈良…「聖徳宗」の法隆寺…
全国・「聖徳宗」の寺院はここだけですか?

勿論奈良県は仕事柄サンザン通りましたが、観光では未踏の地です。。。

生きてる内に1回は観光で伺いたいですね…

法隆寺の案内は嬉しい…ナイス^^

No title

サブチャン、こんばんは~♪
宗派のことはわからないのですが、
推古天皇と聖徳太子ゆかりのお寺ですね^^

お仕事でずいぶん通られたのですね!

奈良は歴史が古く、楽しいところですよ~(*^。^*)
関西に引越してきて、奈良の魅力を知りました♪
ナイスをありがとうございます(*^^*)

No title

あら お茶のアングルが 似てた 俺と まあ~ ツボが似てないと ブログ見ないですよね ちょっと ツボなんですよね ひーさん お茶目なのが 良いです

No title

<法隆寺と十字架>のことは詳しく存じませんが、茶道の袱紗さばきと、ごミサの作法にはとても似ているものがあるのは事実ですhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/102.png">

奈良が近くって良いですね!

No title

うっち~さん、こんばんは~♪
わはは♪
お茶のアングルに目を付けられるとはさすがです~(笑)
おほめいただき、ありがとうございます^^
(ほめていただいたんですよね?笑)

No title

よねちゃんさん、こんばんは~♪
へ~!
お茶とミサに共通点があるのですか^^
もしや利休が信者だったとか?
想像が膨らみますね~(*^。^*)
奈良はとても近いので楽しんでいます♪

No title

法隆寺にこんな秘密があったんだぁ~・・・・
ナイスポチを・・・・

No title

色々勉強になりました!
法隆寺に行ったら、新たな見方が出来ます(^^)
インフルエンザ、相当な勢いみたいで、早く終息に向かって欲しいです!

No title

たまっちさん、こんばんは~♪
法隆寺にはまだまだヒミツがありそうです^^
ナイスぽちをありがとうございます~(*^。^*)

No title

ikoiclubさん、こんばんは~♪
何度も法隆寺に行くうちに、少しずつ新しいことに
気づきます^^
奥深いですね~(*^。^*)
寒い毎日ですので、インフルエンザに罹らないよう、
ご自愛くださいね♪

No title

WEB小説「北円堂の秘密」を知ってますか。
グーグルやスマホでヒットし、小一時間で読めます。
北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。
重複、既読ならご免なさい。

No title

omachiさん、はじめまして♪
WEB小説は今まで踏み入ったことがありません^^
興福寺のことを題材にしているのですね!
ご紹介くださってありがとうございます(*^^*)
奈良にはよく行きますので、知識が増えると
楽しめますね♪
コメントをいただきありがとうございました~(*^。^*)

No title

☆先ずは記事アップから遅れてのコメントになりますが、ご寛容の程を。
私見ですが、梅原猛は異端視されがちですが首肯できる点も多々あり、また所謂怨霊信仰は、少なくとも源流のようなものは古代からあったと考えています。

歴ヲタ的コメ、ご寛容の程を(^_^;)

No title

Hannibal・c・Shunovさん、こんばんは~♪
お久しぶりです♪
私は梅原氏のこの説は知らなかったのですが、
面白くはありますよね^^
ただ、文学者の歴史観に歴史学者は一切触れないというのは昔からの学者の態度だと高校の先生に聞いたことがあります^^;
そういう意味でも黙殺されたのかな~と思っています。
怨霊信仰って、昔からあったのですか?
怖いですね~(笑)
ご訪問ありがとうございます♪

No title

ヒッキーなアニィがコメントをねぇ…
もしかしたら関東で雪でも降るんぢゃね?
( *`ω´)

No title

蒼天、なんでこんなとこ見てるの~(笑)
確かに、兄いにコメントいただいたの
何年振りかも(笑)

すでに雪降ってるから( *`ω´)笑♪