FC2ブログ

長崎・佐賀教会巡り/奇才鉄川与助氏の遺したもの

連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。
ひーさんは夫のいる広島へ出かけておりました。



       <田平教会も鉄川与助氏傑作のひとつと言われる>



広島の記事は後日としまして、
先日、九州へ帰郷した折、夫と教会巡りをしました。



         <中は見ることはできましたが撮影NG>



九州を離れて以来、皆さんに
「平戸へ旅行したよ。すごい教会だね!」と、たびたび言われました。
地元にいたころは、海の青さも、教会のすごさも
「当たり前」の風景で、わかっていませんでした。



     <建築用の漆喰は信者たちが貝殻を焼いて作ったそうです>


今回は天気も悪いし、教会巡りをしましょうということになったのです。



            <田平教会は大正期の制作>


長崎には、鉄川与助氏(1879-1976)という、
稀代の天才建築家がおられました。



    <ステンドグラスはイタリア製ですばらしいです。絵葉書より>
   

五島に生まれ、当時ペール神父に指導を受けながら
教会を造っていた野原棟梁のもと、教会建築を学びました。



      <昭和期制作・鉄筋コンクリート造りの紐差教会>


鉄川与助氏もペール神父からリブ・ヴォールト天井(こうもり天井)や
幾何学について教えを受けたという。



     <紐差教会は中は見られませんでしたが庭にネジバナが♪>



鉄川与助氏は小学校しか出ていませんでしたが、
力学、微分積分はもとより、
神父様からもらったフランス語の建築の本まで読んでいたそうです。



         <生月、山田教会は石と煉瓦造りのようです>



長崎県内はもちろん、九州地方には鉄川与助氏建設の教会が
たくさん遺っています。



      <生月には隠れキリシタンがたくさんおられたそうです>



今、長崎の教会群や風景が世界遺産登録へ向けて動いていますが、
その中のいくつもの教会が鉄川与助氏の遺したものです。




           <生月の海はとてもきれいでした>



田平教会、紐差教会、山田教会はいずれも平戸市の教会で、
鉄川与助氏の建築です。



         <生月にはとんぼが山ほど飛んでいました>


広島へ帰る途中、佐賀県の呼子教会へ行ってみました。
ここも同じく鉄川与助氏の手になるものです。



    <佐賀県、呼子教会 ここも世界遺産登録申請の教会のひとつ>


駐車場から写真を撮っていると、後ろから声をかけられました。



       <これがリブ・ヴォールト天井(こうもり天井)です>



たまたまここの信者さんが通られ、お声をかけてくださったのです。
扉を開けてくださって
中を見せていただくことができました。



     <鉄川氏の教会にはこのような飾りがよく彫られています>



長崎県内の教会とは違い、写真撮影は禁止されていなくて、
信者さんの許可を得て撮らせていただきました♪






中は本当に美しく、感動でした。






鉄川与助氏は黄綬褒章、勲五等瑞宝章を授与されています。
多くの神父様と交わりながら教会建築を手がけましたが、
生涯仏教徒でした。
感慨深いですね。





今月になってから数日しか大阪で生活していません。
今週から落ち着いて生活します(笑)
また皆さんのところへもお邪魔いたします♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ひ-さんが、子供のころから見ているので、
教会が、そんなに立派だとは思っていなかった、
そう教えられて納得いたしました。
全部が立派で、それが普通のことだったのですね。

ステンドグラスや木に彫られているもの。
信仰がそうさせてくれるのでしょうね!

長崎でも、いつも、心に響くものを感じます~~~

サラリ-マンですから、まずは会社に行くこと。
いろんなことや思いを置き去りにせねばなりません。。
お訪ねするのも、いつも遅れています~~~

平戸を佐賀だと思い込んでいて、
ひ-さんに教えてもらいました。。
長崎だよ~~、って。
実際に行っても、佐賀に近いです。。。
いろいろな教会を見せて戴きました。

ナイス!

No title

eigekaiiさん、こんばんは~♪
以前、長崎旅行の記事をUPされてましたね^^
呼子の教会は見せていただけてラッキーでした♪
ナイスをありがとうございます♪

No title

ジージVさん、こんばんは~♪
長崎や平戸は教会もいっぱいありますけど、
お寺もたくさんあるんですよ~(*^。^*)
いつもありがとうございます♪

No title

うっち~さん、こんばんは~♪
長崎や平戸は教会が多いのですが、キリスト教の信者数は
人口比ではとっても少ないんですよ~(*^。^*)

No title

うっち~さん、そうは言っても、
他県と比べるとやはり
圧倒的に多いと言えるのでしょうね~(*^。^*)

No title

Kah-ka-F-Gardenさん、こんばんは~♪
ご主人様は教会へ
行っておられる方でしたね!

実は鉄川与助さんのことも、
九州から出てから初めて知りました^^
子どものころはお寺や教会が混在する風景が
私にとって「普通」でしたし、
いつも見ている教会がどんなに
歴史があるのか、
また建築上の価値あるものか、
恥ずかしいことにまったく知らなかったのです^^;

こうしてあらためて教会巡りをして、
素晴らしさを再確認しました♪
今度は周りの方に聞かれたら
少しはこたえられるかな~と思います(*^^*)

ちなみに平戸は旅行会社のパンフレットに
「めったに行けない秘境」って紹介されてました(笑)
今週は少しゆっくりしたいです^^
いつもありがとうございます♪

No title

min*71*7*0_1014さん、こんばんは~♪
田平の教会は「鉄川与助氏の傑作のひとつ」と
言われているそうです^^
説明書きに、信者ではない方々も、
地域の皆さんが一丸となって一緒に建てた教会だと
書いていました。
すばらしい建築ですね♪

No title

korutikam9さん、こんばんは~♪
子どものころは、都会にばかりあこがれて、
田舎に住んでいるのが嫌でした(笑)
大人になって、故郷が長崎だというと
いつも「いいところですね~」と言われ、
びっくりでした^^
どんなにすばらしい文化があるか、
大人になってからわかりました~。
ナイスをありがとうございます♪

No title

くるみさん、こんばんは~♪
ステンドグラスの写真を教会の中で
撮ることができたらうれしかったのですが、
撮影NGでしたので絵葉書を買いました^^

呼子の教会に寄ったのは本当に良かったと思います♪
いつもありがとうございます♪

No title

kotarouさん、こんばんは~♪
教会巡りは kotarouさんの右に出るものは
いないんじゃないですか~(笑)
上五島ですか!?
私もご一緒したいくらいです^^
五島はまだ行ったことがないんですよ~。
あらためて鉄川与助さんのすごさを思いました♪

No title

かんじんさん、こんばんは~♪
長崎のご友人がおられたのですね!
お若くて亡くなられたのは本当に残念でしたね。
若いころは、年齢を重ねることはず~~っと先のことでしたが、
この頃になって若いころを振り返ると、つい先日の
ことのように思いますよね^^
いつもありがとうございます♪

No title

コケモモさん、こんばんは~♪
平戸は、福岡、佐賀と進み、すぐ平戸に
なりますね^^
長崎市内の方が福岡より遠く感じます(*^^*)

仕事があるのはお互い様。
ご訪問も、コメントもご無理いただく必要は
ありませんよ^^
いつも申し訳なく思っています。

子どものころは、都会にあこがれていました。
こんなにすばらしい文化が目の前に広がっているのに、
毎日見ているものは見ていないも同然だったのですね。
いつもありがとうございます♪

No title

こんばんは♪

私も、何故か平戸は佐賀県の思い込みがあります(≧∇≦)
教会には、ほとんど縁のない私が、入った記憶があるのは
大浦天主堂ぐらいです
ひーさんの写真を、みせていただいていると
ホントに、素晴らしい建築ですね
こうもり天井、名前通りの天井で見事です(^^)v

鉄川与助氏、たくさんの教会建築を手がけたけど、生涯仏教徒。
こんな表現は失礼かも知れないけれど、かっこいい生き方ですね(*^^*)

No title

こんばんは

長崎といえば教会のイメージが強いですね
私も大浦天主堂には行ったことがあり知ってるぐらいです
教会巡りをされるほど九州は教会が多いのですね
呼子教会では偶然で中を見させていただけて良かったですね

ちなみに主人は京都なのですけれど主人の父が長崎人なので
主人も中学までは長崎に住んでいたそうですよ(´∀`)

ナイス゚+.゚(´▽`人)゚+.゚

No title

minamiさん、こんばんは~♪
平戸は名前は有名ですが、
はっきり場所をご存知の方は少ないですよね^^
「出島のほうにありますよね~」なんて
よく言われます(笑)

鉄川与助さん、お寺も3つくらいは
建てておられます(*^^*)
他の宗教に一生を傾けるというのは
どんなだったのか想像しちゃいますね^^

No title

さくらんぼさん、こんばんは~♪
大浦天主堂は長崎旅行でははずせない場所ですよね^^
行ったことのある方が多いようです(*^^*)
呼子はついでのように寄ったのですが、
見せていただけてほんとに良かったです^^

ご主人様のルーツが長崎だなんて♪
長崎の後が京都だなんて、
これはまた素敵なところですよね~(*^。^*)

No title

この花、梅雨明けの象徴ですね(最近覚えました)。

ほぼ日本の全部の都道府県に行ったことがある僕ですが長崎県は行ったことがありません(他には福井県は通り過ぎただけです)。

和と洋の混在した教会の姿が美しくてしかも面白いですね。以前、村治佳織さんが教会でギターを弾く番組を見たことがあるのですが、あれはここら辺だったんでしょうか。

長崎に行って見たくなりました。

No title

西洋の教会を見たことのない日本人が(神父様に教えてもらいながらでも)よく建てられたものですね!

焼けてしまいましたが、山口の旧サビエル記念聖堂も信者さんたちがみんなでレンガを運んだ…みたいな話を聞いています。

最後の花は「ヤブミョウガ」だったでしょうか?
こんな可愛い花が集まってたのですね♪

No title

coffeesongさん、こんばんは~♪
coffeesongさんでも行ったことのない県が
あるのですね!
あちこちにご出張でお忙しそいうだと
拝見しています(*^^*)

教会でのコンサートはいろんなところで
行われているようですね^^
音響も考えて造られているところが多いので、
音楽には合うのでしょう♪
九州へ足が向かれることがありましたら、
ぜひ長崎へもおでかけください(#^^#)

No title

よねちゃんさん、こんばんは~♪
教会に限らず、昔の人の西洋への知識は
どうやってできあがったのだろうな~と思いを馳せますね^^
鉄川さんは神父様に教えられて最初は西洋を模して、
後からは鉄川さん独自の教会を建てて行かれたようです。
子どものころは建築についてなど思いもしないので
このすばらしい教会群をまったく見ずに過ごしました。

山口の旧サビエル記念聖堂、すばらしい教会だったのでしょうね。火災にあったのは残念です。

最後のはヨウシュヤマゴボウの咲き始めたばかりの
お花です♪