FC2ブログ

悲しいほどお天気ランチ

関東では雪のニュース。
こちらは昨夜からの雨のあと、昼から青空。
悲しいほどお天気の真昼、私たちは重苦しい空気をまとって歩いていた。
ふさぎこんだ息子を、ランチに連れだしたのだ。
 
生まれながらに病気をいくつも持って生まれた息子は、
神様から身体的なお恵みをあまりもらえなかった。
でも、底抜けに明るい、常に安定した気分と、頑張り屋さんの性格だけは、
内面的に恵まれて生まれついた。
 
そんな息子が、センター試験の失敗から、気持ちは完全にデフレスパイラル。
ずいぶんランクを下げて受験したが、得意の数学でさえ、
回答への道筋を読み誤っていた。
今週、回答速報を見て以来、完全にボロ雑巾のようになってしまった。
ランクを下げたとたん、ガタガタと何もかもできなくなる子どもがいる。
そう、塾で聞いたことはあったが、明るい息子に、
こんなことがあるとは思いもしなかった。
 

家から数百メートルの
モスバーガーまでの散歩。
空は悲しいほどの青空。
道々の草は、雨のしずくにキラキラと
光っていた。
 
モスバーガーをはさんで、
息子は自分のふがいなさを悲しんでいた。
どちらに決まっても、県外への進学。
私は傷心の息子を送り出さねばならない
悲しみに暮れていた。
あと何回、一緒にご飯を食べられるのか。
 
ランチしながら、若かりしころの
私の悲しい思い出を話して聞かせた。
 
その失敗があったから、その後の価値観は変わり、
今では良かったと思っていると。
何日かぶりに、息子は笑顔を見せて言った。
「お母さんでもそんなことあったんだ」。
 
私の頭の中は、傷だらけの思い出で満タンさ。
こんな情けない話の五つや六つ、朝めし前。
まかせなさい。。。
 

今日は、良いお天気だった。
うるう年の、二月最後の昼下がり。
雨上がりの空は、悲しいほど、蒼かった。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

私事ですが、丁度2年前の大病は辛かったですが、
今の前向きの自分を作ってくれました。
生きていられて良かったと思っています。

No title

☆どのようにコメントすべきか迷いました。…とまれ、不本意な結果によって、ご子息が自分で自分自身を卑下する事の無きように祈念致します。己の価値を決めるのは己のみ。…そう私は信じています(的外れでしたら、削除して下さい)。

No title

D-R KURENAIさん、大病なさったのですね。
生命を揺るがすような大きな病気はしたくないけれども、人生観を変えてくれますね。
毎日生きられる、そのありがたさが身に沁みます。
私も大病をしました(*^_^*)
お心遣いのコメント、ありがとうございました。

No title

いえいえ、 Hannibalさんのおっしゃる通りです。
ありがとうございます。
結局のところ、自分自身で決着をつけるしかないのです。
ただ、息子にはもう少し、時間がかかるのかもしれませんね。。。

No title

負けると強くなりますから…
ふさぎこんだ息子さんをしっかり抱きしめてる様子が伝わりますよ。

負け知らずで育つよりずっといい

私の息子も負けてばかり…
でも負けるから優しくなれるんですよね♪
負けてそこから学ぶものが沢山ありますよね
♪(*v.v)。。。
経験って残酷だったりするけれど
乗り越えられる経験しか与えられないはずだから…

No title

アラフォーのロンさん、優しいコメント、ありがとうございました。
小さなころなら抱きしめてやるのが、子どもは一番ですね。
わかっていただいて、うれしいです(#^.^#)

負け知らずで育つよりずっといい
…そう思いながら、傷心の子どもを見るのは、辛いですね。
でもこれも、人生。
生きてると、いろいろなことがあるもんだよと、話して聞かせました。そんなときにも、ギャグを交える自分が悲しいのですが(>_<)

No title

悲しいほどのお天気、胸にしみる青空。私の人生にもそういううらめしい光景がよくあったような気がします。


どの道が正解だったということはあとあとまで分らないものです。どう歩んでいくかが大事なんですね。

でもそれは年齢を重ねたものが実感として言ってるだけで、若い人にはただの字面にしか過ぎないかもしれないですね。

後期も挑戦されるんでしょう。肩の力を抜いて平常心で臨めるといいですね。

No title

コスモスさん、ありがとうございます。
誰の人生にも、悲しいほど青空の日って、あるものですよね。
息子も、痛々しくかわいそうではありますが、またこれも、良かったのかもしれないと思います。
確かに、年齢を重ねたからこそ言えることはたくさんあり、今の息子がどこまで昇華できるのかはわかりませんが、時間を経て、分かることもあるでしょうね。

いろいろと、思いやりの言葉、ありがとうございます(#^.^#)