FC2ブログ

八尾市成法せせらぎの小径/父が逝った日の息子のピアノ

毎日すっきりしないお天気が続いています。
今日も、大阪は少し雨がぱらつく、どんよりした一日でした。



   


今日から10月。
私の父が亡くなって、8年になりました。
このブログをはじめた当初は、父の死を引きずっていました。




          <八尾市にある成法せせらぎの小径>


父が亡くなる1年前、私のバカ弟が、バイクで大事故を起こしました。
脳挫傷で、意識不明。
病院から連絡がきたときには、弟は生死の境をさまよっていました。




     <小さなせせらぎ沿いに、いろんなお花が咲いていました♪>



けれど、若い弟の生命力は、死の影をはねつけ、
奇跡的に命を取り留めたばかりか、半年ほどで歩けるようになり、
みごとな回復をしました。




         <ポンテデリアのお花も咲いていました>



そのことで、どんなに私たち家族が喜んだか。
それはもちろんでしたが、実家が遠いひーさん一家。
当時、弟は静岡で事故を起こし、静岡に一番近かったのは私でした。
最初は泊まり込み、意識を回復してからは新幹線や
車で弟のところへ通い、弟の世話を一手に引き受けていました。




     <ポンテデリアを近くで見ると、1枚の花弁だけに色が♪>



私はお金もひと財産使い果たし、心も体も疲れ果て、
何より、高校受験をひかえた自分の一人息子には食事さえ作ってあげられず、
ほったらかしでした。
そんな時期に、父がのんきに電話をかけてきたのです。
父にとっては、命さえ危なかった弟が元気になりつつあるのですから、
うれしくて、ひーさん家族の大変さなど、思いもつかなかったのでしょう。



    <ポンテデリアはホテイアオイと同じ、ミズアオイ科なんですね~>


ひーさんは、父のノーテンキぶりがあまりに腹立たしく、
ぶっつりと父からの電話を話の途中でたたき切ってしまいました(笑)
生まれて初めての、暴挙でした。



               <青シソのお花>



それからすぐでした。
父の訃報が届いたのは。
人生に一度きりの私の暴挙を、神様はお許しにならなかったと思いました。
父に怒りをぶつけたまま、今生の別れとなったのでした。






葬儀のために実家に帰ると、伯母が言いました。
父がいつも、
「ひーちゃん、ひーちゃん言ってた」と…。
その言葉が、私がした父への仕打ちを余計に悔やませました。




     <南方のマルバツユクサが八尾にはたくさん見られます♪>




田舎のこととて、父のお通夜は実家で行われ、
翌日の朝、葬儀場へ父を連れて行く車を待っていたときです。
父は、ひーさんの息子のピアノを喜んで聞いていたことを思い出し、
集まっていた親戚にことわって、息子にピアノを弾かせました。






ちょうど、中学最後のピアノの発表会で弾いたのが、
ベートーベンの「悲愴」で、
高校になったばかりの息子はまだ時々弾いていたのです。
重厚な「悲愴」を、親戚一同、神妙に聴いてくれました。




              <ジュズにも実が♪>





ところが、曲が終わっても、まだ、葬儀社の車が迎えにきません。
伯父が、ぽつりと息子に言いました。
「もう一曲弾いたら?」。
そして、息子が弾き始めたのがこの曲、モーツァルトの「トルコ行進曲」。
運動会で、「駆け足」のときにかかる曲です(笑)




トルコ行進曲 Turkish March (Mozart)




初めてYouTUbeからUPしてみましたが、うまく聴けるでしょうか?





息子は、指の練習の単調な曲が好きではなく、
小学校のときから、指の練習の代わりに、いつもトルコ行進曲を
弾いていたのです。
葬儀に向いているかどうかより、楽譜なしで、
自信をもって弾ける曲を選んだのでしょう。
力強く、アップテンポに弾きまくっていました(笑)




              <ヤノネボンテンカ>



え~!この曲?と思って吹き出しそうになったのですが、
親戚一同、神妙な顔で聴いてくれました。
おそらく父は、「駆け足」で天国に行ったに違いありません。






今はもう、父との別れも、ふっきれました。
子どもがどんなに怒ったところで、親の愛情が揺らぐことなどないことを、
私自身が親としてよくわかっているからです。







少し涙が浮かび、そのあと息子のピアノを思い出して笑ってしまう、
父の命日のお話です。
長い話をお付き合いくださり、ありがとうございました。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

かんじんさん、こんばんは~♪
生きていると、いろんなことがありますね^^
きっと、皆さんにもそれぞれの出来事が
あるのだと思います。
前を向いて生きていくことが、命ある者の務めですよね(*^^*)

No title

たまっちさん、こんばんは~♪
長いお話をお読みくださり、ありがとうございます^^
まだまだ、いろんなことがあるのでしょうか…。
お手柔らかにお願いしたいですね~(笑)
ナイスをありがとうございます^^

No title

コケモモさん、こんばんは~♪
ポンテデリアは、小さな花びらのうち、
1枚にだけ黄色い色があります^^
どこかで見たことあるような…と思ったら、
ホテイアオイと同じなのです♪
調べたら同じミズアオイ科でした~(*^。^*)

奥様のご両親様は早くに亡くなられたのですね。
お若くして悲しい思いをされたことでしょう。
親の思いとは、どこも同じですよね。
奥様、いつまでもご両親様の思い出を
大切にされ、その思いをまた、
コケモモさんも大切にされておられるのでしょうね。

馬がスロットするときに
トルコ行進曲が流れるとは知りませんでしたよ^^
いつまでも笑ってしまう、葬儀での
できごとでした。

No title

ボンテリアの花、綺麗ですね
家も、父親は、なくなって、10年です
弟さんも、たいへんでしたね、ナイスです

No title

ボンテリアの花、綺麗ですね
家も、父親は、なくなって、10年です
弟さんも、たいへんでしたね、ナイスです

No title

eigekaiiさん、こんばんは~♪
お父様も10年になられるのですね。
いつまでも忘れられないですね~。

No title

eigekaiiさん、今では弟も
元気になりました^^
ありがとうございます♪

No title

とても 胸にしみるお話です。遠く離れていたらなおさら様子も分からず、思わず切ってしまった電話 それを悔やまれるひーさん
親は 子のどんなことでも許せる気がします。
悲愴とトルコ行進曲 どんな曲でもお父様は 喜んでおられたことでしょう。命日は 思い出すことがあって 心から偲ぶことができると思います。

No title

りぼんさん、こんばんは~♪
もうずいぶん時間が経ってしまいましたが、
人生にはこういうことがあるのだな~と、
呆然としたことを覚えています^^;
親は、子どものことは何でも受け入れますよね(*^^*)
息子のトルコ行進曲は、いい思い出になり、
父の命日には必ず一緒に思い出すこととなりました。

No title

ひーさん、こんばんは☆
お父さまとの別れ。
親心がわかるからこその境地ですね。
ふっきれるまでが大変だったでしょう。
葬儀にトルコ行進曲も息子さんの気持ちを理解できている親心で笑えますね。
電話でお父さまなりに弟さんの看病を労いたかったのでしょうし、
葬儀とはいえ笑っていて欲しかった
笑って思い返せるようにして欲しかったのかも。

ポンテデリア。可愛いです。
せせらぎの小径…いいですね。
ひーさんのブログはまるで赤毛のアンの世界(≧∇≦)

No title

はのはのさん、こんばんは~♪
ポンテデリア、小さなお花が集まって咲いているのですが、
よく見るとホテイアオイと同じように
花弁の一枚だけに色がついていましたよ~(*^。^*)

弟の事故は、父の死と、その後の息子の
ピアノと、私の中ではつながった事件!?でした(笑)
あのころは大変な思いをしましたけれど、
こうして時が経ち、思い返すと忘れられない思い出です^^

No title

内緒さん、こんばんは~♪
お父様の命日、今月でしたか。
命日には、しんみりしますね。
こうして故人の思い出を偲ぶことが、
供養になるのでしょうね^^

いつまでも、息子のピアノは忘れられません。
選曲はともかく、息子のピアノで父を送ることができ、
良かったな~と思っています。

No title

こんにちわ~お久しぶりでーすhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/002.png">

この記事を読みながら、思わず涙https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/032.png">
何でしょうね~https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/028.png">

ひーねぇも大変な時期があって、
でも、お父様はきっとひーねぇのことを誰よりも信頼してるんじゃないかなあ~https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/037.png">

こんな優しいがお姉ちゃんがいるから、自分がいなくても、この兄弟なら、きっとうまくやっていけるhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/039.png">https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/037.png">と思っていらしたんだと思いますhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/053.png">

しかし、自分だったら、兄弟のことで、自分の家のことも財産まで使い果たすことはできるのかなあ~https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/050.png">

そう思うとひーねぇのこと、
凄く尊敬できますね~https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/044.png">https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/045.png">https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/037.png">

No title

アーモンドさん、こんばんは~♪
お久しぶりです~~(*^。^*)
お元気ですか!?

父は子どものころから私には厳しく、
優しくありませんでした(笑)
でも、その分、私に対する信頼は厚かったの
だと思っています。
伯母から「ひーちゃんひーちゃん言ってた」と
聞いたときは、意外でしたよ^^

私も今だったら弟のためにお金出してって
言われたらいやだと思うけど(笑)
目の前に死ぬかもしれない弟がいたら、
やっぱりお金のことなど考えもしませんでした。

きっと、アーモンドさんも同じ立場だったら
そうなると思うけど、同じ立場には
なってほしくないですね~~。

アーモンドさん、お忙しいのにコメント
ありがとです♪

No title

ひーさんさん、おはようございます。

大変おつらい経験でしたね。
なんというタイミング、人生一度の暴挙?
暴挙ではありませんね。
神様はひどいことをなさいますね。

それでもお父様の死を乗り越えて
こうしてブログ記事にできること…
人間の強さを見せていただいたようで嬉しくなりましたhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/002.png">

私の甥っ子が3年前に自転車の事故で大変なことがありました。
姉に「覚悟して、お母さんをよろしくね」と言われたとき
くらくら目眩がして吐き気がしたこと
今でもはっきり覚えています。
脳までの傷でしたが
幸い今のところ後遺症はなしです。
ただ、頭痛はひどいようで
病院通いは続いています。

No title

子どもがどんな行動をしても
親の愛情がゆらぐことはない、
まさにその通りですね。
私も、自分が親になってみて分かったことですhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/002.png">

息子さんはピアノを弾かれるのですね。
いいな。
私も2才上の仲良しの姉も
ずっとピアノをやっていました。
私は今全く弾いていませんが
姉は今も続けていて、事故をおこした甥っ子も
妹の姪っ子も音楽の道を進んでいます。
甥っ子はおそらくこの先も…マリンバのプロになりたいそうですhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/005.png">

またまた長くなりました。
とても素敵な記事をご紹介いただいて
本当にありがとうございましたhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/001.png">https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/036.png">
今日も素敵な一日でありますように…

No title

今朝も、また泣けちゃった!

No title

Kah-ka-F-Gardenさん、こんばんは~♪
こんな長い記事を読んでくださって
ありがとうございました^^
かえって申訳ないことをしました^^;

甥っ子さんがそんな事故にあわれたなんて、
大変でしたね。
ひなさんも、もちろんお姉さまも、どんなに心を
痛められたことでしょう…。
でも、後遺症がなくて本当に良かったです(*^^*)

人生って、思いもかけないことが
向こうからやってくることがあります。
楽しいこともありますけど、
いろんなことがありますね^^

No title

Kah-ka-F-Gardenさんもピアノを
弾いておられたのですね~(*^。^*)
お姉さまも、お姉さまのお子さん方も…
音楽ご一家でしたか♪
マリンバなんてかっこいい!
素敵なご家族ですね~。

私も子どもができて、子どもと一緒に
成長してきたと思います^^
子どもへの愛情が揺らぐことはないですね~。

お忙しいのにたくさんのコメントをいただいて
ありがとうございました(*^^*)
こんな記事をみていただいて、恐縮です^^;

No title

ikurou kakiさん、こんばんは~♪
またこの古い記事をお読みくださったのですね!

お優しいikurou kakiさん^^
いつもありがとうございます♪