FC2ブログ

裸の載った本より哲学本を心配する日本の親

とある教育施設の方から、この地方の有名大学から
哲学科がなくなっていることを伺った。
なくなった理由は一つ。
哲学では就職ができないからだ。
日本の親は、年頃の男の子の部屋に、
女性の裸の載った本があっても心配しないが、
哲学の本が並び始めるとオロオロするという。
 
今、大学は資格系の学部・学科が大人気。
医・薬系、教育系。
それから就職に有利と言われる理系。
理系の中でも工学や情報に学生が集まる。
息子が行きたい理学部などは、「就職無理学部」などと揶揄される。
就職がないからと、工学部に変えた同級生がどれほどいたことか。
ましてや、哲学科や国文科など、就職には無用の長物。
これが、時代のトレンドというものなのだ。
 
識者は、大学が就職ばかりを目的にした、
資格取得の場所となっているのを危惧している。
日本の最高学府が、専門学校化しているというのだ。
本来、大学は学ぶことを目的とした場所。
 
大学が専門学校化するのは、企業が最初からスキルを求めるからだ。
私たちが入社したころは、仕事を一から教え、育ててもらったが、
今の企業は育てるのをやめ、「即戦力」を求める。
 
大学で、目先の資格取得に追われ、
人の底辺となる教養や学問をおろそかにするならば、
育っていく若者たちは薄っぺらい大人になるだろうと悲しく思う。
 
一見無駄だと思えることが、どれほど大事なことか。
 
花や月の美しさ。
絵画や音楽、文学の感動。
私にとって大切なものは、合理的なものではない。
就職になど、全然関係ない。
 
子どもの哲学本を心配する親に、私は聞いてみたい。
「哲学本を読むお宅の息子と、
おじゃる丸を観ているうちの息子、どっちが心配ですか?」ってね。
えへへ。。。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

おはよう

No title

本当ですね~育てるって大事
薄っぺらな人間、考えが浅い人間多いように思います
今の若者は体は大きいけれど考える力、掘り下げる力に欠けます
ゲームの影響もありますかねぇ~
親の資質の問題もしかり…です
おじゃる丸…癒されますよ
けっこう、けっこう(*^3^)/~☆
最後にまた笑ってしまいました。

No title

おじゃる丸、見てました!(笑)
忍たま乱太郎も!!(笑)

大学で、教養を学べなければ、どんな大人になってしまうのか、心配ですね。
私も音大なので、専門的に音楽を勉強しましたが、音楽の専門学校と違う点は、心理学や哲学の授業に、東大の教授クラスの先生が来られることでした。

心理学や哲学は、人間にとって、本当に必要な学問だと思います。

ひーさんに、同感!!
感性と人間性を磨くことが、何より尊重すべきことですよね!

No title

hidenachiiさん、はじめまして。
おはようございます(*^_^*)

No title

アラフォーのロン さん、ありがとうございます。
今の若者は、理論を掘り下げることも、思想を積み上げることも苦手ですね。
ゲームの影響などもあるのでしょうかね~^^;
残念に思います。

まったく、おじゃる丸、入試が近い最近では録画してるんですよ☆
録画一覧を出して「おじゃる丸」が出てきたときは、ギョっとしました(>_<)

No title

まさえ0504さん、おじゃる丸のみならず、忍たま乱太郎まで観ていらしたとは。隅におけませんね~(*^。^*)

音大で、すばらしい先生方の講義を受けられたのですね♪
有望な音大生たちが、音楽へ進む道を断念した時に、職に就くことが非常に難しいことを残念に思います。
音楽を学び、練習を繰り返す根気を想像すれば、ほかの仕事でも十分にやっていけるはずですが、社会はそうは思わないのですね。
だからみんな、資格という目先のスキルに踊らされるのです。
若者たちを、大人がみんなでダメにするのではないかと心配です(+_+)

No title

「世界がひとつになるまで」の曲が好きで
「忍たま」を知ったおじさんです。
なんとゆうオチですか…(T_T)
自分に本当に必要な勉強、資格を分かるのに10年かかっちゃいました。

No title

D-R KURENAIさん、ありがとうございます。
なんと D-R KURENAIさんも、「忍たま」ファンでしたか♪
オチをつけようとは思っていないのですがね~^^;

自分に何が必要か、考えて実行されるということ、誰にでもできることではないと思います。
いくつになっても、遅すぎるということはないですね。
応援しています☆

No title

☆皆様とは毛色の違ったコメントで失礼ですが…。
親に見つからないように、えっちな本を隠すのが健全かつ賢い男の子というものですよっ。まして世はネット社会なんですから…(す、スイマセン)。
閑話休題。貴記事には色々考えさせられましたが、とりあえず、価値観の多様化に逆行するかのような話と思います。学歴と職能が一致しない例を散々見てきた者としては、尚更その感が強いですね…。

No title

勉強になる資格と本…。たしかにすぐに結び付く物に価値を見る社会と世界ですよね。私は哲学の本も読みますし、仕事に必要な本ももちろん読みます。でもそれだけではない、感覚で感じる事も大切だと思っています。それがないと人として薄いと感じる事もあります。私も今の仕事に転職した時は、家族にはなんで?!と色々言われましたけど、子供の頃から祖父の影響か花は近く、早くに夢になりずっと一緒にいた夢だったので、夢を持てる叶えたいと思える社会と心でありたいですねhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s86.gif">

No title

Hannibalさん、また違ったコメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、世の中はいろいろな価値観があるので、誰が正しいとか、何が正しいと決めつけることはないと思います(*^_^*)
もちろん、学歴と職能は、比例しないというお考えには賛成です☆

No title

Lestoilesさん、ありがとうございます。
実用的な学びは大切ですが、実用的ではない学習を切り捨てていく風潮は「人として薄いと感じる」…同感ですね(*^_^*)

夢を叶えられる人は、そう多くはいないと思います。
すばらしいお仕事に出会えて、うらやましいです♪

No title

昔はよく「あの人の言うことは哲学的だ」なんて、よく言いましたよね。思慮深い、自分の考えを持っているということで尊敬の対象でしたし、そういう人と友だちになりたいと思いました。
自然や社会、世界や歴史をどう見るか、物のの見方や考え方を学び考えることは青年期に絶対に必要なことで、より良く生きるための礎であり糧だと思います。

若い人たちが非正規雇用で、簡単に使い捨てにされる時代、お偉い方々にとっては、哲学など学ばないで従順な人間を輩出したいと思っているのでしょうが、こういう時代だからこそ、先人の叡智に触れることが大事なのではないでしょうか。

ただ、「おじゃる丸」も「忍たま」も結構、哲学的かもしれませんよ。私もよく子どもたちと見ていました、自分が夢中になって……

No title

大学で目先の資格取得に追われる風潮はあるようですね。就職率のポイントをあげることに大学側も必死なのでしょう。

学生の気質も昔と違って実利的、合理的になってきて、パパママの言うとおり、先生の言うとおりにやっていこうという子が多いような気がしますが、どうでしょう?

旅に例えると、目的地に着くことが目的。途中で寄り道して見知らぬ人、見知らぬ風景との出合いを楽しむことがないですね。

他人事のように言ってますが、自分の反省でもあります。
私も娘が理学部に行きたいというのをやはり「就職」のことがちらついて・・・。はっきりと反対したわけじゃないけど、親の気持ちを察知した娘は受験する学部を変えました。
それなりに学生生活を楽しんだようでしたが、私の中ではこれでよかったのか、という思いがずっとあります。

No title

TABIBITOさん、ありがとうございます。
「より良く生きるための礎であり糧」、青年期には大切にしてほしいですね(^^)

「若い人たちが非正規雇用で、簡単に使い捨てにされる時代」なので、誰もかれも、目の色を変えて就職のための学習ばかりを重んじるのでしょうね。
昔は大学生活は「モラトリアム」なんて、陰口たたかれたほど悠長なところもあったのですが。

「おじゃる丸」と「忍たま」に哲学を読み取るとは、さすがです(*^。^*)

No title

コスモスさん、ありがとうございます。
大学側の出す「就職率」という数字にも、疑問を持ちますね。
確かに、子どもたちも周りのことを従順に受け止めすぎるところ、合理主義のところ、あるのかもしれません。

お嬢さんも理学部志望でいらしたのですね。
でも、結局はご自身が決められたこと。楽しまれて学生時代を過ごされたのですから、良かったのだと思います。

私は息子が理学部は就職ないと言ったとき、卒業するころはわからないことだし、せっかく勉強するなら好きなことをしなさいと背中を押しました。
でも、「あのときお母さんの言うことを聞かなければよかった」と、思われるときがくるのかもしれませんね^^;

No title

う~ん、なるほど なるほど。
そこのところまで考えが及ばなかったこと、ひーさんに教えられました。今の世の中 これは大事なことですね。

No title

日本平333さん、ありがとうございます。
日本平333さんにお教えするなんて、そんな、とんでもないです(^^)
いつも美しい写真と素敵なブログに、私の方が教えていただいております。
たまたま息子が受験まっただ中なので、子どもたちの様子を見、思ったことを書いてみました(#^.^#)

No title

最近の若者の教養のなさに驚かされます。アキバ系とか何々お宅とか私にはさっぱり判りませんが、もっと勉強して欲しいと思います。これから先の日本が思いやられます。

No title

mok*o*usenn**i さん、コメントありがとうございます。
今は、子どもたちの学力は二極化が進んでいるそうです。
「親切な日本人」で、かつ努力や学習を怠らない若者が多ければ、日本の未来も明るいですね(*^_^*)