FC2ブログ

ある新進気鋭の科学者の話

とても話術の巧みな知人から聞いたお話です。
 
フランスでのお話。
とある若者が、電車に乗ってきた。
ふと座席を見ると、年取ったおじいさんが電車に揺られながら、
ぶつぶつとロザリオのお祈りをしている。
ロザリオは、数珠のように珠がつながっていて、
一回お祈りをすると珠を一つ繰る道具。
 
若者はおじいさんに言った。
「おじいさん、ロザリオなんて古代の遺物だ。
そんなお祈り、おやめなさい。
今はねえ、科学の時代なんだよ」。
 
おじいさんは、しょぼしょぼと瞬きしたが、
よくわからないのか、またお祈りをはじめた。
若者はあきれてまた言った。
「おじいさん、お祈りなんて無駄だよ。
神のみわざも、宇宙も生命も、みんな科学が解き明かすんだよ」。
 
おじいさんは、目をしょぼつかせて、若者に言った。
「科学ってのは、どんなもんなんだい?」
若者は、「科学ってのはねえ」と、ひとしきり話してやった。
 
おじいさんは、また目をしばたいて言った。
「科学ってのは、そんなにすごいもんなのかい?」
若者は言った。
「ボクはね、大学で科学を学んでるんだよ。
科学は世界を明らかにするよ。
おじいさんにもっと科学の話を教えてやりたいけど、
ぼくはもう、次の駅で降りなくちゃいけないんだ。
暇なときに科学の話をしてあげるから、連絡先をくれたまえ」。
 
「そうかい、ありがとうよ」。
おじいさんはうなずき、ポケットから一枚の名刺を差し出した。
それを見た若者は、サッと青ざめ、逃げるように電車を降りて行った。
 
名刺には、こう書かれていた。
「フランス国立科学研究所
 所長 ルイ・パスツール」
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ルイ・パスツールは、「細菌学の父」と言われる科学者です。
パスツール研究所は非営利の民間研究所となっているので、
実話ではなく寓話かもしれません。
蛇足でした(*^。^*)

No title

そういうオチがあったのですかぁ!!
物事には、科学だけで解明できない現象が多いということですね!
まだまだ、解明されていない事が、多いですね。
脳の中もしかり。
最近になって、人間の心は、胸ではなく脳の中にあるという事が解明されたようね!

No title

まさえ0504さん、オチがあったんです^^
すごくお話の上手い方で、私たちが大笑いした場の雰囲気が伝わればうれしいのですが…。

脳科学は科学者の間ではブームのように研究が進んでいるそうで、解明も日進月歩らしいですね(*^_^*)

No title

☆ホーキング博士の発言を巡る騒動を連想しました。あちらの科学者達にとり、信仰と理性の整合性は深刻なテーマのようですが、この話はフランスらしいエスプリが効いた話、というのは言い過ぎかな?ちょっと微笑ましい良い小話ですね。

No title

脳の中に宇宙があるかも??とか?
いろんな説がありますよね!!
脳の話は大好きですo(^▽^)o

No title

Hannibalさん、ありがとうございます。
ホーキング博士の発言、私は不勉強で知らないのです。
今度教えてください(*^_^*)
信仰と科学は、キリスト教の世界ではいまだに相容れないことがあるようです。アメリカでは、聖書の天地創造を信じて進化論を認めない人たちが今もいるそうです。

No title

まさえ0504さん、脳の話は神秘的で楽しいですね。
深刻なことでなければ(病気など)、私も大好きです(*^。^*)
今度、面白い本があれば教えてくださいね。
私は脳科学者の茂木健一郎さんや池谷裕二さんの本を何冊か読んでいます。。。

No title

なかなか面白いお話ですね。科学ではわからない、人の心が創造した世界ですから、わからない曖昧さを残していくのもいいのかもですね。何かを信じるのも心と言う宇宙があるからかもですね

No title

Lestoilesさん、ありがとうございます☆
こんなに発達した現代でも、わからないことだらけですね。
でも、確かにわからないことがあるから面白くもありますね。
虹色のお花を追及するのも、わからないことがあるからですね^^

No title

☆私もよく覚えていないのですがhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s319.gif">ホーキング博士は確か「宇宙誕生に神は介在していない」 云々の発言をして、宗教関係者から猛反発を受けた事がありました。もっとも、欧米の科学には神の御業(みわざ)を確かめる為の作業、という概念があるそうですので、彼自身は神の存在を否定したつもりはなかったかも知れません。…恐らくパスツールにも、です。
長々と再コメご寛容の程をhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s319.gif">

No title

笑ってしまいました。
科学の進歩も素晴らしいですが、人の祈り(願い)や喜び、笑いも
もっと素晴らしいと思います。

No title

Hannibalさん、ホーキング博士のお話、ありがとうございます。
宇宙誕生の謎は科学的に解明されて、神の介在の余地がないという意味だったかもしれませんね。
以前は、最初の宇宙誕生は、神の手伝いがなかったら説明できないと言われていたらしいので(^^)
科学者は、宗教に行きつくらしいので、実は信心深い人も多いらしいです。

No title

D-R KURENAIさん、笑っていただけてうれしいです。
私はくだらない笑い話が大好きなんです(#^.^#)

おっしゃる通り、人の祈りや願い、喜び、そして特に笑い^m^は、科学の進歩以上に素晴らしいですね♪

No title

(*μ_μ)
科学ではわからない事があるから…
神が存在するのではないでしょうか。
最後のおちがコミカルで、ほっとします。

No title

アラフォーのロンさん、ありがとうございます(*^_^*)
科学と宗教の問題は、私たちが生きている間には解決しないでしょうね。
分からないことがあるから、人は救われるのかもしれませんしね。
コミカルなオチが、どんなことにもあるとうれしいのですが^^;

No title

理詰めで生きているような科学者でも、心のよりどころをどこかに求めることがあるのでしょうね。


お話の中の青年のように、まだ科学や学問を中途半端にしか知らないものが、簡単に宗教を否定することも多いかもしれません。

日本では、宗教というと空気のようにはっきりしない存在です。
いちおう祀っておいて、手を合わせる、程度に。
いえ、我が家の例ですが。

そのような中でも、年を取ると信心深くなるのは死が近いからと言うより、理屈では説明できない数々の経験を積んで生きてきたせいとも思えます。

No title

「釈迦に説法」か「脳ある鷹は爪を隠す」というとこですかね~。
水戸黄門のように痛快です。
国立科学研究所の所長は超やんちゃですが、ひーさん様の知人は賢人ですし、その話しを臨場感を持って紹介したひーさん様は類まれな芸術家ですね!

No title

コスモスさん、ご訪問ありがとうございます♪

中途半端な知識でモノを言う青年みたいなこと、自分もやってないかな~と、心配になりますね^^;

年を取るにつれ、確かに宗教が身近になるような気がします。コスモスさんのおっしゃる通り、理屈では説明できない経験だったり、あるいは自分の努力ではどうにもならないことにぶつかったりして、すがるものが必要になるのかもしれません。

受験生のいる我が家、今は大変、信仰深いです^^;

No title

TABIBITOさん、身に余るお褒めの言葉をいただき、ありがとうございます。
話し上手の知人から聞いたとき、私たちも痛快で大笑いしたのですが、うまくお伝えできたかどうかと心配でした。
「臨場感を持って」とコメントいただき、うれしかったです(*^_^*)

No title

たたたさん、コメントありがとうございました。
日本でもそんなやりとりがあったのですね(*^_^*)
私は恥ずかしながら知りませんでした。
もしかしたら、似たような話は、日常の中にいくらでもあるのかもしれませんね^^;