FC2ブログ

親死に、子死に、孫死ぬ

先月、知人を見送った。
少し、気持ちが落ち着いたので、そのことを書こうと思う。
 
亡くなったその人は、教員を定年退職された後、地域のために無償で働いてきた。
腰の低い、物腰の穏やかな方だった。
私のようなよそ者にも、気さくに声をかけて下さった。
 
お通夜にもお葬式にも行くことのできなかった私は、
お通夜の前日、お悔みに伺った。
応対して下さったのは、控えめで落ち着いた奥様と、
聡明さを目にたたえたお嬢様。
彼の人柄にふさわしい、ご家族だった。
 
彼は、最期のひと月をホスピスで送ったという。
ホスピスに入られる少し前、
体調の良いときを見計らって、
繰り返し旅行に行った場所へ、旅行に行った。
美術の先生だった彼は、そこで最後の自画像を描いたそうだ。
お世話になった方のところへも、挨拶に行った。
そして、ホスピスに入り、
奥さんのことを看取ってあげられないことに詫びを言い、
息をひきとった。
 
その人らしい、美しい逝き方だった。
人の最期に、美しい逝き方というものが求められて良いものかどうかは別として。
ご家族には、できる限りのことをやりつくした者にだけ与えられる、
安堵と落着きと、穏やかな悲しみがあった。
 
ある高僧のところに、一筆縁起の良い言葉を書いて欲しいと、やってきた男がいた。
そこで、高僧はサラサラと書きつけた。
「親死に、子死に、孫死ぬ」と。
男は怒り、どうしてこれが縁起の良い言葉かと言った。
高僧は答えた。
「こんな良いことはない。順番が逆になったらえらいことだ」と。
これは、金田一春彦の「ことばの歳時記」(新潮文庫)に載っている話。
 
私の父は、さよならも言わず、突然亡くなった。
亡くなるとわかっていれば、という思いにさいなまれるのと、
弱っていく肉親を見続ける悲しみは、
どちらが深いとも、私には言えない。
けれども、やはり、私の兄弟が父より先に逝かなかったのは、良いことだった。
 
奥様とお嬢様に、お悔みのお礼を言われた。
こちらこそ、どんなにお礼を言うべきか。
「長い間、本当にありがとうございました。
お疲れ様でした。」
小さくなったその方にお声をかけて、
冷え込んだ夜の道を帰ってきた。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

最後のお別れの言葉って、サヨナラではなくお疲れ様でした…なんですよね(*ov.v)o

短い長いは別として、その人なりに一生懸命に命を燃やされたのだから…。

突然の死も弱っていくのを見ながらの死も、どちらがどうと言えない哀しみがあります

何と言っても親より先に死なない事です。
歳の順が一番幸せと祖父母が言っておりました。

No title

アラフォーのロンさん、ロンさんには、まだ読むのが辛い記事かもしれませんね。
コメントいただいて、ありがとうございました。

本当に、お別れは「お疲れ様でした」ですね。

私たちにできることは、ただ、一生懸命に生きていくことだと、つくづく思います(*^_^*)

No title

私は、父を幼い頃になくし、ついこの前、母を亡くして、まだ、その悲しみの淵から出られなくなる時があります。
まだ、現実として、受け入れられないのかもしれない…

母の死に目に会えた時に、
やっと楽になれるね。
あの世でパパと幸せに暮らしてね。
とも思いましたが、本当は、
もっと一緒に居たかった。
もっと親孝行したかった。
もっと美味しい物を食べさせてあげたかった。
という後悔の気持ちの方が強かったです。

No title

深い内容、感銘を受けました。
私は障がい者さん達の施設で働いています。そこには何人かの保護者の方もキーパー(掃除や洗濯、備品管理等)で働いておられ、仲良くさせていただいております。会話の中でふと漏らされたのが、
「この子より早く死ぬことは出来ない…」との言葉でした。
複雑な思い、考えさせられました。内容とは関係の無いコメントですみません。なんか思い出してしまいましたので…

No title

まさえ0504さん、お辛いはずなのにコメントをいただき、ありがとうございました。
このブログを見に来て下さる方には、最近ご家族を亡くされた方が何人かいらっしゃり、書いても良いものかどうか迷いました。

まさえ0504さんのお気持ち、良くわかります。
何度も何度も、私も父との別れを反芻しました。
でも、親は、子どものことが大好きなのです。
子どもが幸せでいることが、一番の親孝行なのだと思っています (*^_^*)

No title

D-R KURENAIさん、ご訪問ありがとうございます。
生と死に直面する現場で働かれる方ならではの、お話ですね。
保護者の方も、施設で働いておられる方があるのですね。
「この子より…」はおそらく、障がいを持つお子さんの親御さんすべてのお気持ちなのでしょう。
お子さんと親御さん方を支えて、尊いお仕事だと思います。

No title

「親孝行したいときには親はなし 石に布団は着せられず」
と言いますが、私も妻もここ数年で両親を亡くしておりまして、墓参りに行く度に、後悔をしております。
ただ、「順番」ということでは、私たちが先にならなかったことが最大の親孝行だったかなと思っています。
人の生と死について考える奥深いテーマをありがとうございます。

No title

TABIBITOさん、ご訪問とコメントありがとうございます。
どんな関係であったにしろ、どんな逝き方であったにしろ、肉親の死というものは人を傷つけずにはすまさない。
そんなものなのでしょうか。
私は実家が遠く、お墓参りさえあまりできずに、さらに親不孝を重ねております。。。

No title

わが身に重ね合わせて読ませていただきました。心にしみるいいお話でした。少しこころ休まる気がしました。
ありがとうございました。

No title

日本平333さん、こちらこそありがとうございます。
人さまのお葬式でも、しばらくは書くことができませんでした。

お寂しいですね。
日本平333さんのブログを、私も自分を重ねて読ませていただいております。
お庭のすずめのように、また、ご訪問させていただきます(*^_^*)

No title

深いお話ですね。私は祖父の死に後悔があります。祖父と生活していて、祖父の考え方、生き方を押し付けられているようで、当時は窮屈で受け入れる事もできず口も聞かず…病気を知り…それでも優しい言葉もかけず…それどころか冷たい言葉を…死は突然来て…初めて後悔をしました。何も話さなかった自分。祖父がなんでそんな気持ちになったのか今も正直わかりません。でもその後悔の気持ちがあったから、祖母が体調を崩した五年間をやっていたのかもしれません。いつか祖母や母が本当に私を必要とする時、優しい人になっていたいです。

No title

死に方は生き方だ、とよく聞きますが、そのかたはまさに敬虔に生きて、生き方どおりに美しく逝ったのですね。

残されたご家族の穏やかな悲しみをよみとることができたひーさんは、なくなった方とも心から尊敬できる良いつながりを持っていたのでしょう。

肉親や職場関係のつながり以外で、こういうご縁を持つのはありがたいことですね。

年の順に旅立つこと、それだけで縁起がよいことなんですね。

私の地方では「逆さ縁」といいますが、子が親より早く亡くなる、というのは耐え難いものでしょうね。

No title

Lestoilesさん、ありがとうございます。
若いときは、お年寄りの考え方は、受け入れられない時期があるのかもしれませんね。
冷たい言葉も、他人でなく肉親だからこそつい口にしてしまう。
そのことを後悔し、お祖母様のお世話を五年間もされたのですから、もう十分に優しい方だと思います(#^.^#)

No title

コスモスさん、「死に方は生き方」とはよく言ったものですね。
その通りだと思います。

尊敬できる方と出会えたことはうれしいことですが、自分もそのようにはなかなかマネできません。

肉親を失ったときは、順番だからこれでいいと、潔く思うことは難しいですね。
けれど、やはり「逆さ縁」ほど悲しくむごいことはないと思います。

母より長生きできるかな~と、心配ですが、頑張ります(^^)