FC2ブログ

寒いときの春支度

全国各地で雪の便り。
ひーさん地方では、寒いけれど時折陽射しがあった。
一年中で一番寒い今、職場の周りでは春花壇の準備。
 

 
これは、まだ何の花になるのかわからないけれど、上司が種まきしてここまで育てた。
私たちが出勤すると、
朝早くから花壇で働いている上司がいる。
 
 
 
 
 
 
 
 
                                       
                              これは、誰にでもわかる。
昨年のうちに植えたチューリップ。
寒い間に芽が出、
暖かくなると一斉に咲き始める。
 
 
上司の口癖は、
「寒い間に春の準備をする」。
 
春は、何もしなくても訪れる。
でも、美しい花壇の花は、
手入れの賜物。
 
 

クリスマスローズの大きなつぼみも
顔を出した。
 
花壇の手入れを引き受けている
上司の口癖はもう一つ。
「ドロ縄」。
これは
「ドロボーを見て縄をなう」の短縮形。
今風に言えば縄Now?
仕事が間に合わないことのたとえだが、
この上司はドロボーを見てすばやく縄をない、
逃げかけたドロボーを俊足で追いかけて
ぐるぐる巻きにしてしまうだけの
パワーと能力がある。
いつも、すごい仕事をしている。
 
上司が翻訳した本を何冊かもらっているが、日本語で読んでも歯が立たない。
哲学の本だ。
 

「ドロ縄」は、私のような凡庸な人間がやると、
ドロボーにはアッカンベーをされて逃げられ、
警察に届けても鼻で笑われるのがオチ。
 
努力でやっていく人間は、
やっぱり
「寒いときに春の準備」だと、
しみじみ思う。
 
黄色い花はロウバイ。
かすかに優しい香りがする。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
何代前の上司が植えたのか、
今では誰もわからない花が、
庭のあちこちで
咲いている。
 
仕事も、花も、
代々受け継がれていく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

花屋の私には、素敵な上司ですね!春に美しい花を見るために冬に仕事!カッコイイですねhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s351.gif">花屋に入りたての頃、何もかも上手くできなくて良く一人で居残りで練習してました。今でも、やっつけ仕事になり心のない花をした時、未熟さで想像通りに花が出来ず花の魅力を生かせない時は腹が立ち涙でたりします。哲学な本好きですねhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s368.gif">買って読みます!周りには良くわからない本を…と言われます。
代々続く花仕事なんていいなぁ…私も代々続けたいなぁ…

No title

冬は必ず春となる。

幸せな春を迎える為には、
冬の厳しさが必要なのですね。

私は、いま、厳しい冬かもしれません。

でも、必ず春となると信じて、頑張りたいと思います!

No title

ロウバイ…好きです
凄~くいい薫りがしますよね
主人の実家で義母がトイレに飾ってます…
ロウバイが咲くと春が近いなぁ…なんて少しワクワク(^.^)

No title

Lestoilesさん、ありがとうございます。
土いじりは、体は疲れるけど、心が休まりますね。
職場の周りにお庭があるので、代々の上司が本職の合間に、庭仕事もやっているようです(*^_^*)

お花屋さんの仕事、一度はやってみたい憧れの仕事ですが、実際は難しく、大変な仕事なのでしょうね!
手間をかけるだけ、花は応えてくれるのでしょうか♪

No title

まさえ0504さん、我が家も厳寒まっただ中です^^;
年配の知人にそう話したら、「厳しい時期も、きっと必要な時期なのよ 頑張って」と言われました。
寒さが厳しいほど、春の喜びは大きいですね♪

No title

アラフォーのロンさん、ロウバイが飾ってあるお宅なんて素敵ですね。私は上司の花で、「ロウバイ」というこの花の名前を知りました。
ほんと、春を思うとワクワクですね(*^。^*)

No title

種まきは、園芸の中では地味で手間がかかる仕事ですが、育てる醍醐味がもっとも感じられるんですよ。
タネから育てたのは「自分の子」で可愛いものです。

代々、受け継がれてる植物があるというのはいいですね。一般家庭の「代々」と違って、次に誰が赴任するかわからない職場で、いろんな人が受けついでいるというのはこれはもう「伝統」ですね。

ロウバイもスイセンも、こちらではまだまだですが、写真を見るだけで春の気分になります。

No title

コスモスさん、本当に、タネから育てたものはかわいいですね♪
「自分の子」と言われる意味、よく分かります(^^)

職場の敷地には、ずっと昔の花好きの上司が植えたというバラがたくさんあり、美しいのですが、松もあり、代々の好みで植えていて種々雑多。統一感がないのが残念です^^;

こちらでは、ロウバイやスイセンは冬の一番寒いときに咲くのですが、やはり地方によって違うのですね。
春になったらコスモスさんのお庭が楽しみです♪