FC2ブログ

世界はつながっている/ファンタジー展と京風スパゲッティ

日々、深まりつつある秋。
秋と言えば、芸術の秋!
先週の日曜日、展覧会に行ってきました。
 

 
と、その前に、食欲の秋にも♪
行ったのは、久々のあべのハルカス。
 

                   <あべのハルカス>
 
安倍首相はアベノミクスで支持率を上げているけれど、
大阪天王寺は、このあべのハルカスで経済効果を上げる。
 

 
行ったのは、12階、「先斗入ル」と書いて「ぽんといる」と読む、
京風スパゲッティのお店。
 

 
注文したのは「先斗町セット」¥1430。
京風スパゲッティは、「蛤と九条ねぎのだし仕立て 生姜風味」。
 

 
蛤のだしに、ピリリと生姜の風味が爽やかな秋味。
あっさりしたお吸い物も、スパゲティを和風に仕立てる。
世界はつながっている、
スパゲッティが京風でも、いいではないか♪
 

 
 
 
おなかいっぱいになった後は、
くずもち風ミルクプリン、
きな粉アイス添え♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ミルクプリンには黒蜜風シロップをかけていただく。
これがと~ってもおいしかった。
 
      *** 先斗入ル あべのハルカスダイニング店 ***
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
あべのハルカス近鉄本店タワー館 あべのハルカスダイニング12F
 
 
さて、食欲の秋の後は、芸術の秋!
行ったのは、「藤城清治ファンタジー展 光の贈りもの」。
 

 
藤城氏は89歳を超えた今も、影絵の第一人者。
 

             <「コスモスは詩う」パンフレットより>
 
藤城氏は、もともと油絵などを描かれていたのだけれど、
戦争から帰ってきて、何も画材が手に入らなかった。
そこで、光と陰でできる影絵の世界へ踏み出すこととなったそうだ。
 

              <「絵本 マボロシの鳥」パンフレットより>
 
「世界はつながっている」というフレーズは、この展覧会の説明文にあった。
爆笑問題の太田光氏の絵本「マボロシの鳥」の挿絵も手掛けている。
マボロシの鳥が、時空を超えて活躍するストーリーらしい。
 
 
世界はつながっている。
芸術も食も、イタリアも日本も♪
 
この展覧会は11月24日(日)まで。
 
     *** 大阪文化館・天保山 ***
      大阪市港区海岸通1-5-10
 
                        ♪ 来週いっぱいまで、
                          コメ欄閉じさせていただきます♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント