FC2ブログ

大阪の夜景―大切な人は、心の中にいますか

八尾市の、少し小高いところから撮った夜景です。
夜景の中には、ひとつひとつの灯りの中に、
ひとりひとりの人生と物語があります。
 

 
煌々と輝く灯りの中、喜びや希望に沸きかえる人がいるでしょう。
小さな小さな明かりの下、
ひざを抱え、ため息をついている人も、いるかも知れません。
多くの人の物語を抱えた灯りは、遠くから見るとひとつひとつの点となり、
夜景の中でゆらめいています。
 

 
そのゆらめきの中の、ひとつの物語。
私たちの一年は、大変多忙でした。
春には息子が挫折の中に一人立ちし、我が家から離れて行きました。
そのため、単身赴任していた夫の元へ、退職して行くことになった私。
けれども夫の会社は、大規模リストラの噂が立つほどの不景気。
 
夫は単身用マンションから家族用マンションへ引っ越し。
私はそれまで家族で住んでいた家を引き払い、夫の待つマンションへ。
一年で、家族三人が、それぞれに引っ越しをしました。
 
息子は挫折から立ち直り、仲良しの学友たちと、
部活の仲間に囲まれ、好きなジャズを思いっきりやっています。
夫は会社に残りました。
私も、再就職をすることができました。
それぞれが、いるべき場所へ落着き、
綱渡りのような生活でしたが、
安堵のうちに一年の幕引きができることを、感謝しています。
 
折々に、励ましてくださったブログ仲間のみなさんにも、
心から感謝しています。
 

 
皆さんの一年は、いかがでしたか。
大切な人は、心の中にいますか。
あなた自身を、大切にしましたか。
 
遠くからみると、ひとつのゆらめく点にすぎない物語。
けれど、大切な物語。
 
どうぞ、心あたたかいクリスマスを。
そして新年を、お迎えください。
 

 
♪♪皆さまも忙しい年の瀬。
コメント欄は閉じさせていただきました。♪♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント