FC2ブログ

くにたち駅前 大学通りドトール借景

コーヒーを飲むならあわただしいところではなく、
落ち着いた、雰囲気の良いお店で飲みたいと思う。
できることなら、窓からの景色が良ければさらにうれしい。
そんな私の願いを叶えてくれるのが、
東京は国立駅前、ドトール国立(くにたち)大学通り店。
 
敬老の日を控えた先週の週末、
国立駅から近い夫の実家に帰省。
夫の実家に帰ったら必ず寄るのが、
このお店になっている。
 
大学通り店の大学とは、
国立駅からすぐの一橋大学。
歴史ある威風堂々とした大学に
ふさわしく、
大学通りは、美しい並木道。
 
                                                                                                            <ドトール国立大学通り店>
 
 
 

                     <国立駅前大学通り初秋の並木道>
 
まだ夏の終わりと言っても良いくらいの
9月のくにたち駅前の通りは、緑豊かな並木道。
この通りは、冬は葉を落とした冬枯れの、
春は桜満開の豪華絢爛な景色を見せてくれる場所。
 

                         <窓からの9月の借景>
 
ドトール国立大学通り店の2階には、
窓に面した大きなテーブルがしつらえてある。
窓からは四季折々の風景を「借景」できる。
 
コーヒーを飲みながら、夫と義父のことを話した。
二度目の脳梗塞を起こしてリハビリ中の義父は、
デイケアを嫌がり、週3回のところを2回しか行かない。
けれども、4月には車いすからトイレへ伝い歩きが精一杯だったのに、
ベッドから台所を横切り、トイレへ歩いて行けるようになっていた。
義父の年齢を考えると、よく回復したと思う。
 
義父に、「ずいぶん回復されましたね」と言うと、
「そうね」と、淡々と答える。
 
以前、痴呆のお母さんを介護している知人から聞いた話。
知人がつい、声をとがらせてお母さんにものを言ったら、
夢とうつつの境に生きるお母さんが我に返り、叫んだという。
「そんな声でものを言われたくない」と。
 
人は大人になって年をとっても、優しく声をかけられたいものだ。
弱っているときにほめられることは、明日への光になる。
 
もちろん、毎日一緒にいれば、理想論はふりかざしていられない。
離れているからこそ、良いと感じたことを口に出せるし、出そうと思う。
 
帰るときも、もう一度言った。
「お義父さんがずいぶん歩かれていてびっくりしました」。
義父はやっぱり淡々と、「そうね」と言った。
 

 
このドトールから、
春には満開の桜を眺めた。
 
元気なときには、
義父はこの前を通って
一橋大学まで散歩に行っていた通り。
 
来年の春には、
義父が自力で外に出られるように
なるとうれしい。
 
        <4月の借景>
私はまた、
「びっくりしました」と言おう。
義父はまた淡々と、「そうね」と言うだけだろうけれど。
 
 

 
                         <桜満開のくにたち駅前大学通り>
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

男は65過ぎても
子供っぽいモノですね(^_-)-☆

だからこそ
回復もはやいのかな?

余談ですが
妻に呼ばれても6割ほど
返事をしない僕は
AKBに夢中ですが…何か?

( ´∀`)σ)∀`)ぷにぷに♡

No title

奥様に呼ばれても6割ほど返事をしない蒼天さん、
男は何歳でも子どもっぽいものでしょうか(^_-)~☆

脳梗塞を起こしたのは昨年だったので、
もう回復は難しいのかと思っていました。
でも、わずかでも進歩が見えるのは、
大人になってもうれしいものですね~(*^。^*)

なるべく、奥様にはお返事してね(^_-)~☆
( ´∀`)σ)∀`)ぷにぷに♪

No title

ひーさんの優しさに、涙が出そうになりました。
お義父さん、桜の頃に、自力で歩いてお花見に行かれるようになってほしいですね。
きっと、ひーさんは、びっくりしましたと言えると思いますよ。

No title

素晴らしい回復力ですね(*^▽^*)
来年の報告、お待ちしてます(⌒∇⌒)ノ

( ´∀`)σ)∀`)ぷにぷに

ぷふふっ(´ψψ`)

No title

まさえ0504 さん、ありがとうございます。
年をとると、リハビリの成果もなかなか出なくて、辛いようでした。
でも、離れている私たちには、進歩がわかり、うれしかったです。
ほんとに「びっくりしました」と言いたいものです(*^_^*)

No title

0:16分の内緒さん、ありがとうございます♪
(やっと鍵コメの使い方をマスターできました^^;)

すみません。裏の裏をかいたジョークは着地に失敗しますね(^^ゞ
あ~、着飾るのは大好きなのでやはり若気るのが…もうやめときます(~_~;)
私をおっさんと間違えた人がいましたが、「女性」と断定していただき、
うれしいです~♪

No title

兎ちゃん、ありがとうございます♪
人の回復力はすごいですね。
来年、びっくりしたと報告できるとうれしいです(*^。^*)

少し、秋らしくなってきましたね。
( ´∀`)σ)∀`)ぷにぷに♪

No title

こんばんはhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a466.gif">

優しく お声を掛けてあげる…
なかなか難しい事なのかも わかりませんね…

しかし 優しさ 気遣いの気持が多少でも あったとしたら
その言葉(声掛け)は 自然に心から発せられるものだと 思います

その 優しさをお持ちの ひーさんhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a454.gif">
義父さまのお気持ちに しっかり届いていらっしゃると思いますよhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a284.gif">

義父さまが次第に お元気になられる事を 願うばかりです…



…私は仕事の不規則さで 日頃両親との会話が少ないですが
時に色んな話をすると 両親の嬉しそうな表情を見ますhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a454.gif">

私もひーさんの優しい気持(心遣い)を見習い
自然と優しくお声を掛けられるよう
気持を持ちたいですねhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a454.gif">

ナイスhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a284.gif">です ありがとうございますm(_ _)m

No title

yoshiさん、ありがとうございます♪

介護というのは、そばにいる人にとっては壮絶な苦労があり、
優しさが腹立ちに変わることもしばしばですね。
遠くに離れて暮らしている私たちだから、
リハビリの成果がわかり、
それをほめることもできるのだと思います。(*^_^*)

義父に気持ちが届いたかな(^^)
届いたとしたらうれしいです♪

yoshiさんは、日々ご両親様と暮らしておられ、
「嬉しそうな表情」を見逃さない「気づき」、
すばらしいですね(^_-)~☆

親というのは、子どもがいくつになっても
自分の「子ども」。
yoshiさんとの会話は嬉しいものだと思います♪

ナイス、いつもありがとうございます~(*^。^*)

No title

くにたち検索から来ました。

No title

くにたちさん、ご訪問ありがとうございます。
くにたちはとても美しい街ですね(*^_^*)

No title

んっ?
やけにしんみりしてるね…

泣くな姉御~
( ´∀`)σ)∀`)ぷにぷに♡

おっさんと間違えても
謝らない…
それが男ってもんでつよね…
( ´∀`)σ)∀`)ぷにぷに♡

No title

こんなに美しい私をおっさんと間違えた蒼天さん、
いつもありがとねっ(^_-)~☆

ときどきなぐられて泣いてるよ~♪
( ´∀`)σ)∀`)ぷにぷに♡

おっさんと間違えられたら
生涯忘れない…
それが女ってもんでつよね~☆
( ´∀`)σ)∀`)ぷにぷに♡

No title

「もしもし、ドトール国立駅前店ですか?そちらのお店からの眺めが素晴らしい!と、ひーさんがお店の紹介と宣伝をしていますよ!今度、ひーさんが来たらVIP待遇しないと!」と電話を入れようと思いましたが、電話番号がわかりませんでした(謝)

No title

よこぼり365さん、ほんと、不思議です~(謎)
そろそろコーヒーチケットが送ってきそうなものですが(*^。^*)
あ、わかった!ドトールさんも私の住所がわからないのですね(笑)

No title

おはようございます^^
国立市、主人と初めて住んだ街です。
半年くらいいたかな、、その後お隣の府中市に引越ししましたが、国立も府中も大通りの並木道の雰囲気はよく似ていますね♪
美味しいコーヒーを飲みながらの、素敵な眺めですね(*^^)v

お義父さまのご快復、うれしい限りですね!
前を向く、というのは本当に素晴らしいことだと思います。
ひーさんのお気持ちはお義父さまに届いていると思いますよ♡



私は、、、今優しい声かけが出来ずにいます。。。
(>_<)

No title

shizuさん、こんばんは~☆
なんと国立にお住まいだったのですか~(*^。^*)
それはうらやましい♪
府中も素敵な並木道があるのですね!

国立に帰ると、おいしいコーヒーを飲みにドトールに行ったり、
一橋大学までお散歩したり、学生の街を楽しんだりしています(*^_^*)
義父が思った以上に回復していて、良かったです♪

祖母が20年寝たきりだったので、小さいながら
叔母や母の介護の苦労を見て育ちました。
優しい声がけは、遠くにいればこそ、ですよね。。。

No title

ひーさん@@さん

こんばんは。
どこかで見たことあると思ったら国立駅前の大学通りですね。
昔々、国立の学校に通っていたので良く知っています!

雰囲気がよく、落ち着く街ですね。
今でもたまに行くんですよ~。
ドトールがそんなところだとは思いませんでした。
今度、立ち寄ってみますね。

私のおばあちゃんは、遂に私の名前も、私が誰だかもわからなくなってしまいました。そんなおばあちゃんはコーヒーが大好きでした。今、施設に入っていて、たまにおばあちゃんの車イスを押して話しかけます。散歩に出掛けたり。
もう誰が誰だかわからなくなってしまいましたが、私の母だけはわかるようです。不思議ですね。
きっと体はボケてしまっていても魂で感じているのでしょうか。

良い話をありがとうございました。

No title

らいらい@@さん

こんばんは~☆
なんとらいらいさんは、あんなに素敵な国立に
通っていらしたのですか~!?
うらやましい~(*^。^*)

今でも行かれるのですか~♪
ドトールの一番のおすすめは、「コーヒー」です。
S、M、Lがございます。
二番目のおすすめは、窓からの「借景」です。
春、夏、秋、冬がございます♪
私がコピーライターならこう書くところですよ(^_-)~☆

らいらいさん、おばあさまは分からないようでも、きっと
らいらいさんの優しさが伝わり、心地よいはずですよ。
「魂で感じる」、そういうこともあるのかも知れませんね(*^_^*)

こちらこそ、素敵なお話、ありがとうございます♪