fc2ブログ

近江地方の大輪つゆくさ「オオボウシバナ」♪(コメント欄なし)

滋賀県近江地方で栽培されていたという、珍しいつゆ草があります。名前は「オオボウシバナ」。地元では「アオバナ」という通称で呼ばれることが多いそうです。お花の大きさは4~5センチ。花びらはフリルがあります。つゆ草からとれる青い染料は、水溶性で水につけると取れます。その特性を生かして、京友禅の下絵描きの染料として使われていたようです。オオボウシバナは中国からきたと考えられていたようですが、染色体の数から...