fc2ブログ

我が家のこぼれダネから咲いた花たち

お花をタネから育てるというのは、やがて来る季節へ向けて、あいまいな約束をするようなものだ。お花を咲かせる約束は、守られるかもしれないし、忘れられてしまうかもしれない。 子どももお花も、「手をかけただけ応えてくれる」なんていう人がいるけれど、雨の降り方や気温、虫や菌でダメになることはある。どんなに大切にしても。大切にしすぎてダメになることもある。どんなに気をつけていても。    ...